抗不安薬には様々な種類がありますが、おすすめの抗不安薬をご紹介します。現在は病院に行かずに通販で簡単に購入できます。

TOP
  1. おすすめ睡眠薬(睡眠導入剤) TOP
  2. おすすめの抗不安薬一覧表

抗不安薬とは

抗不安薬とは

現代人は様々なストレスを抱えています。ストレスの解消は簡単にできるものではありませんが、放置しているとどんどん悪化してしまい、うつ病に発展してしまう危険もあります。

不安感などが強い状態の事を、「不安障害」と言います。この不安障害を改善する最も効率的な方法が抗不安薬を利用する事です。抗不安薬は抗うつ剤よりも安全性が高いため、「うつ病というほどひどくはないものの慢性的な不安がある」という方にオススメです。また、催眠作用もあるため、悩みがあって寝つきが悪いなどの改善も期待できます。

抗不安薬は病院で処方してもらわなければ入手できませんが、今は通販を利用すれば病院に行かずに簡単に購入する事ができます。病院に行く時間がない方は、通販を利用して購入しましょう。

不安を感じやすい方は、人よりも感受性が強いという事でもあります。ストレスの耐性は人によって違うものです。そのため、「他の人はこうだから」と誰かと比べる必要はないのです。ご自分が辛いと感じたら、それは黄色信号です。不安が少なくなれば日常をより快適に、穏やかに過ごす事ができるようになります。無理に我慢して日常に支障をきたしてしまうよりは、お薬を上手に利用して、早めに改善しましょう。

おすすめの抗不安薬一覧表

抗不安薬には非常に多くの種類があります。それぞれ特徴がありますので、ご自分に合っているお薬を選ぶようにしましょう。おすすめの抗不安薬をご紹介します。

セディール

セディール

セディールは抗不安薬の中でも、不安障害とうつ病の両方に効果があるのが特徴です。また、不眠症や睡眠障害への効果も認められています。非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬に分類されます。不安をやわらげ、落ち着いた状態にさせてくれる効果があります。

セディールの主成分はタンドスピロンで、セロトニン5-HT1A自己受容体に作用し、他の部位には作用せず、作用時間も比較的短いことから、副作用、依存などの危険が少ない安全性の高いお薬です。

抗不安作用、抗うつ作用、催眠作用など様々な効果がありますが、自律神経失調症を改善する効果があるとも言われています。精神的な病気と自律神経失調症は非常に密接な関係があり、どちらの病気なのか判断がつかない場合もありますが、セディールは様々な症状を改善してくれることが期待できます。

注意点は、セディールは穏やかに効き目があわられるという点です。1週間から2週間程度で効果があらわれますので、服用しても効果がないと思ってしまわないようにしましょう。

参考サイト:セディールについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

バスパー

バスパーとは

バスパーはセディール同様、非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。ドーパミンやノルアドレナリンなどの働きを活性化させて前向きな気持ちにしてくれます。気持ちが落ち込みがちな方に特にオススメです。

バスパーも抗不安作用以外に催眠作用があります。そのため、なかなか寝付けないという不眠症を改善してくれる効果も期待できます。また、軽度のうつ病やあがり症への効果もあると言われています。過度に緊張してしまう場合などはあがり症が考えられます。バスパーを服用すれば極度に緊張してしまう事が改善されるため、お仕事や人間関係もスムーズになるでしょう。

※リンク先はバスパーのジェネリックです。

参考サイト(原文版):ブスピロンについて(wikipedia)

参考サイト(翻訳版):ブスピロンについて(wikipedia)

グランダキシン

グランダキシン

グランダキシンは一般的には「自律神経調整薬」に分類されます。自律神経失調症を改善するためのお薬ですが、抗不安作用もあるため、不安障害の方に処方される事もあります。交換神経と副交感神経のバランスを調整する効果があるため、様々な症状を一度に改善したい方にオススメです。

グランダキシンはGABAの働きを強め、交換神経を抑えて過度な緊張状態を抑制してくれる効果があります。お仕事などが忙しく、ストレスがたまっている方などは、グランダキシンを服用すればリラックスできる事が期待できます。

また、他の抗不安薬同様、催眠効果もあるため、寝つきが悪い方も、服用するとリラックスして眠れる効果が期待できます。さらに、グランダキシンは更年期障害にも効果があると言われています。更年期障害の不調に悩まされている方にもグランダキシンはオススメです。最近は若年性更年期障害の方も増えていますし、男性でも発症する病気です。原因不明の不調が続いている方は、更年期障害の可能性も考えてみましょう。

※リンク先はグランダキシンのジェネリックです。

参考サイト:グランダキシンについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

サプリメントのセルピナ

サプリメントのセルピナ

医薬品ではありませんが、副作用の心配なく利用したいという方には、サプリメントのセルピナもオススメです。神経の興奮をしずめ、不安を軽減する効果があると言われています。もともと高血圧治療のためのサプリメントですので高血圧も気になる方は一石二鳥だと言えるでしょう。

セルピナの有効成分は有効成分サルバカンダ(ラウフォリアセルペンティナ)です。天然成分ですの副作用や依存の心配もなく、安心して利用できるでしょう。

ただし、サプリメントですので効果が得られるまでには時間が必要です。また、個人差があり、症状が比較的重い場合には効果がない場合もあります。3ヵ月程度飲んでも効果が得られない場合は、抗不安薬の利用を検討しましょう。

抗不安薬を通販で購入

抗不安薬はほとんどが処方箋薬ですので、一般的には病院に行かなければ処方されません。ただし、病院に行く時間がなかなかないという方も多いでしょうし、不安障害などの方は、医師と話を合うのも辛いという方もいらっしゃるでしょう。そこでオススメなのが、個人輸入代行業者を利用して通販で購入する方法です。

抗不安薬を個人輸入代行業者で購入する方法

個人輸入代行業者と言っても難しい手続きは必要ありません。アマゾンや楽天など、一般的な通販サイトと同じように簡単に購入する事ができます。具体的な方法としては、ほしい商品を選んでカートに入れる、配達先の住所などを入力する、決済するだけで、ほとんどのサイトは即日発送されます。ほとんどの方がインターネットから注文しているようですが、電話、FAX、メールなどで受け付けているサイトもあるため、ご自分の利用しやすい方法で購入する事ができます。

サイトによっては郵便局留めにできる場合もありますので、ご不在が多い方や、ご家族に知られたくない方も安心して利用できるでしょう。また、プライバシーにも配慮されているため、配達されてくる箱にお薬である事などは記載されていません。

個人輸入といっても、英語などができなくても全く問題ありません。日本人向けのサイトですのですべて日本語になっていますし、ご不明点があればほとんどのサイトでは日本人が対応してくれます。病院になかなか行けずに症状を悪化させてしまうよりは、通販で抗不安薬を購入して、早めに改善するようにしましょう。

抗不安薬を通販で購入するメリット

通販で購入するメリットは、なんと言っても病院に行く手間がないという点です。個人輸入代行業者はネットさえあれば、いつでも好きな時に5分ほどで購入することができ、ご自宅まで届けてくれます。忙しい方でも病院に行くのが億劫な方でも簡単に購入する事ができるのです。病院のように何時間も待たないといけないという事はなく、貴重な時間を無駄にする事がなくなります。

本来は病院で処方されるお薬ですので、市販されているお薬やサプリメントよりも確実な効果が期待できます。効くかどうかわからないお薬を気休めに飲み続けるよりも、早めに効果を得る事ができます。

また、通販ではジェネリックも多数販売されています。通販ですのでもちろん診察代や交通費、ガソリン代などもかかりませんし、場合によっては病院で処方してもらうよりも安く購入ができます。まとめて購入すればさらに安く購入できる場合もあるため、医療費を節約したい方にもオススメです。

抗不安薬を通販で購入する場合の注意点

個人輸入は大変便利なのですが、気をつけたい点がいくつかあります。まず、特に気をつけたいのが、このような個人輸入代行業者の中には偽物の薬を販売している悪質な業者がいるという点です。偽物の薬は、効果がないというだけではなく、体に有害な物質が含まれいたために重篤な健康被害があった方もいらっしゃいます。

偽物は見た目だけでは判別できない場合もあります。偽物を販売しているような悪質なサイトからは絶対に購入せず、信頼できるサイトから購入するようにしましょう。

海外から発送されるため、到着までに10日ほど時間がかかります。余裕を持って注文するようにしましょう。なお、医薬品を国内から発送するのは違法です。「3日でお届け」などと謳っているサイトがあれば違法ですので、絶対に利用しないようにして下さい。

また、個人輸入を利用してお薬を購入する事は違法ではありません。ただし、服用はすべて自己責任となります。病気や服用しているお薬によっては服用できない場合もあります。服用する前に必ず確認するようにしましょう。

抗不安薬の効果

抗不安薬は、文字通り、不安を抑制するためのお薬です。不安障害、過度の緊張、あがり症や、うつ病や不眠症など、他の疾患で不安の症状がある場合に処方されます。また、お薬によりますが、眠くさせる催眠効果、気持ちを落ち着かせる鎮静効果、筋肉の緊張をほぐす効果、筋肉のけいれんを抑える効果などもあります。

不安が強いという事は性格の場合もありますが、不安障害などの病気である可能性もあります。上司や先輩に悪印象を持たれているのではないか、叱られるのではないか、友達に陰口を言われているのではないか、配偶者に離婚を切り出されるのではないか、などの不安を抱えている、人と話していると頭の中が真っ白になってしまう、電話に出るのが怖い、人と目を合わせられない、理由がないのに漠然とした不安がある、など様々な症状があります。

抗不安薬を利用すれば、そのような不安が緩和されます。もともと不安感が強い方は物ごころついたときからそのような状態だった方も多いとされています。不安が全くないという人はなかなかいないと思いますが、不安が強い人生と不安があまりない人生では雲泥の差があると言っても過言ではありません。

などの効果が期待できます。不安は我慢する必要はありません。抗不安薬を利用するだけで不安が軽減し、日常生活や対人関係なども快適になり、場合によっては人生が変わったほどの効果を実感できる方もいらっしゃいます。

また、ほとんどの抗不安薬は催眠効果もあります。不安が強い方は、眠る前に色々と考えてしまってなかなか寝つけないというお悩みがある方も多いとされています。催眠効果によってリラックスでき、落ち着いた気持ちで寝付く事ができるようになります。不眠症の方で、原因が精神的なものの場合は抗不安薬も大変有効です。

抗不安薬の強さ

抗不安薬は、「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」と「セロトニン1A部分作動薬」のふたつに大別されます。一般的にはデパスなどベンゾジアゼピン系抗不安薬の方が効果が強く、セロトニン1A部分作動薬は穏やかな効果と言われています。セロトニン1A部分作動薬は現在はセディールのみ販売されています。強さの分類は、大きく3つに分けられます。

効果が強ければいいというわけではなく、強いお薬はその分、副作用、依存や耐性、離脱症状などの危険も高くなってしまい、服用するのも服用をやめるのにも特に注意が必要になります。症状と照らし合わせながらお薬を選ぶ必要があります。

効果の強い抗不安薬

上記は比較的効果が強い抗不安薬と言われています。抗不安作用以外にも筋弛緩作用などもありますが、筋肉の弛緩により転倒などの危険もあるため、特に高齢者の方が利用する場合は注意が必要です。また、依存や耐性も生じやすくなってしまうため、医師の指示に従って服用するようにしましょう。

中程度の効果の抗不安薬

上記は効果が中程度です。副作用などもそれほど強くはなく、それなりに効果もあるため、バランスの良い抗不安薬を利用したい方にはオススメです。

穏やかな効果の抗不安薬

上記は効果が穏やかで、副作用や依存などの危険はほとんどないとされています。安全に利用したい方にはオススメです。最も安全なのはセディールです。初めて抗不安薬を利用する方はセディールから試してみるのがオススメです。

抗不安薬のメカニズム

抗不安薬の中でもベンゾジアゼピン系抗不安薬がどのように作用して効果が得られるのかを解説します。ベンゾジアゼピン系抗不安薬はGABAの働きを強めることで不安を緩和させます。

GABAはチョコレートなどでも話題になったため、ご存知の方も多いのではないでしょうか。GABAとは脳の異常な興奮を抑える働きをする神経伝達物質です。不安や緊張が強い方は脳が異常に興奮してしまっている状態なのですが、抗不安薬を飲むと、このGABAに作用し、興奮状態を抑えて不安や緊張を和らげてくれます。

抗不安薬の副作用

抗不安薬の副作用は主に下記のものになります。

上述した効果が強い睡眠薬ほど副作用があらわれる危険が高くなります。特に眠気は最も多い副作用です。不眠症への改善効果もありますが、日中に眠くなってしまうという危険もあります。どれくらい副作用があるかわからないうちは、車の運転や危険物の取り扱い、高所での作業などは控えるようにしましょう。

しばらく服用すると体が薬に慣れてきて、副作用は軽くなる事がほとんどです。そのため、我慢できないほどの副作用でなければ、様子を見てみましょう。副作用の辛さが続く場合は、副作用の弱いお薬に変更するなども検討しましょう。