参議院 農林水産委員会

20150714(3).jpg 20150714.jpg 20150714(5).jpg 20150714(4).jpg

             (林芳正農林水産大臣)         (柳沢みつよし参議院議員)

参議院農林水産委員会での重要広範法案である「農協法等改正案」の審議において、会派のトップバッターとして質問に立ちました。まず、日本の良さは農業・農村が原点であり、目指すべき農業のあり方と日本の将来像について林農水大臣の所見をただしました。続いて、進め方がトップダウンによる強引な改革であると断じ、規制改革会議の越権行為、国際協同組合同盟(ICA)の指摘、組合の株式会社化の問題点などを例にあげ、進め方があまりにも拙速であることを指摘。更に、企業の農業参入についての懸念事項に言及。最後に、農産物の輸出拡大が農業改革の「カギ」であり、オールジャパンでの輸出戦略の必要性について大臣の所見を求めました。

議事録はこちら→ 20150714議事録.pdf

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー