民主党 日本・ミャンマー経済交流推進議員連盟「ミャンマー訪問」

20140429(1).jpg 20140429(2).jpg

テイン・セン大統領            ウィン・シェイン財務大臣

 

20140429(3).jpg 20140429(4).jpg

カン・ゾー国家計画・経済開発大臣     ネットワーク・オペレーション・センター

 

20140430.jpg 20140430(1).jpg

アウン・サン・スー・チー国民民主連盟議長  イワマ発電所

 

20140430(2).jpg 20140430(3).jpg

ヤンゴン環状線             テー・ウーUSDP副議長

 

4月28日(月)から5月1日(木)までの日程で、民主党「日本・ミャンマー経済交流議員連盟」の一員としてミャンマーを訪問しました。ミャンマーは民主化の進展に伴い、経済改革が本格化し、世界の成長センターであるアジア地域における「最後のフロンティア」として注目されています。歴史的にも深いつながりがあり、豊富な地下資源、勤勉で良質な労働力、中国とインドに隣接する地理的重要性等、我が国ににとって重要な地域であり、官民双方の交流の一層の推進をはかっていくことが必用です。

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー