2013年9月

安曇野市議会議員選挙・内川集雄「出陣式」

20130929(1).jpg 20130929.jpg

安曇野市議会議員選挙に2期目の挑戦をされた内川集雄候補の出陣式に出席しました。すべての働く仲間と未来を担う子どもたちのために日夜お骨折りされている内川候補を激励。定数削減が行われたため有力候補がひしめいており、お集まりの皆さまに最後までのご支援をお願いしました。

セブン&アイグループ労働組合連合会「定期大会」

20130927.jpg 20130927(1).jpg

東京都内で行われた、セブン&アイグループ労働組合連合会「第35回定期大会」に出席。第4号議案おいて「政治顧問」の委嘱をうけ、ご挨拶させていただきました。国会議員として9年、お話したいいことが沢山あり、労連加盟単組の研修会等に是非呼んでいただきたい旨お願いしました。

UAゼンセン流通部門 第2回定期中央委員会

20130920(1).jpg 20130920.jpg

UAゼンセン第2回定期大会に引き続き、宮城県仙台市で行われた、UAゼンセン流通部門「第2回中央委員会」に出席しました。流通部門出身の組織内議員としてご挨拶、日頃のご支援に対しての御礼とともに、民主党の改革創生に向けた動きなどに触れさせていただきました。

UAゼンセン 第2回定期大会

20130918.jpg 20130918(1).jpg

宮城県仙台市にて行われた、UAゼンセン「第2回定期大会」に出席。UAゼンセン唯一の組織内議員として紹介されました。昨年のJSDとの統合後、初めての定期大会であり、古賀連合会長、海江田民主党代表をはじめとして多くのご来賓をお迎えして 開催されました。

民主党 海江田 改造「次の内閣」 閣議

20130917.jpg 20130917(1).jpg

民主党海江田改造「次の内閣」において、ネクスト環境・内閣府特命担当大臣(原発事故担当)として入閣。衆議院議員会館で行われた「次の内閣」閣議(第27回)に出席しました。海江田ネクスト総理の挨拶に続き、「次の内閣」の構成、今後の日程等について確認しました。

自殺対策官民連携協働ブロック会議 @東京

20130912(1).jpg 20130912.jpg

東京都内で行われた「平成25年度自殺対策官民連携協働ブロック会議@東京」を傍聴しました。この会議は、自殺総合対策大綱に掲げられている推進体制の具体化を図るため、自殺対策に関わる地方公共団体、関係団体及び民間団体が一同に会し、情報共有や意見交換を通じて更に連携を図ることを目的に全国を6ブロックに分けて開催されるもので、画期的な取組として更なる自殺対策の深耕に寄与するものと期待されています。午前中の会議に続き、午後は「自殺対策連携コーディネート研修」が行われました。

民主党 東京電力福島第一原発汚染水対策本部会議

20130910(3).jpg 20130910(2).jpg

民主党「東京電力福島第一原発汚染水対策本部会議」に経済産業部門会議役員として出席。この問題は、原子力規制委員会が国際的な評価尺度をレベル3に引上げを検討するなど、非常に危険な状況となっています。問題解決の加速化に向けた取組を進めるため、東京電力、資源エネルギー庁、原子力規制庁などから現状についてヒアリング。民主党としての提言をまとめるべく精力的に議論しました。

 

日本自殺総合対策学会「設立準備会合」

20130910.jpg 20130910(1).jpg

参議院議員会館で行われた「日本自殺総合対策学会・設立準備会」に「自殺対策を推進する議員有志の会」会長として出席。来賓としてご挨拶させていただきました。「日本自殺総合対策学会」は、自殺対策の「実践(現場)」「研究」「政策」とを連動させながら、社会全体で自殺対策を総合的に推進するための仕組みを作ることを目的としており、実務家、研究者、政治家が発起人となり10月中に設立集会が行われます。その設立準備会合が「世界自殺予防デー」の9月10日に開催されました。

厚生労働科学研究における戦略研究・成果報告会

20130906(1).jpg 20130906.jpg

厚生労働省にて行われた「厚生労働科学研究における戦略研究-自殺対策のための戦略研究-成果報告会」に出席しました。平成17年から行われている政策立案の根拠を得るための研究成果について、研究論文の発表前とのことで具体的に示されませんでしたが、この研究成果が今後の自殺対策に活かされていくことが期待されています。

自殺対策を推進する議員有志の会

20130905.jpg 20130905(1).jpg

「自殺対策を推進する議員有志の会」を開催。メンバー構成と役員体制、今後の進め方等についての打合を行いました。昨年15年振りに自殺者が年間3万人を下回りましたが、まだまだ多くの人が自ら命を断っており、更なる後押しが必要な段階にきています。今後、メンバー構成を衆議院にも拡大、超党派の議員連盟として、新体制で再出発することを確認しました。

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー