2011年12月

原子力災害現地対策本部での年末挨拶

20111228(2).jpg

20111228(3).jpg

原子力災害現地対策本部全体会議の後、本部長として本部職員への年末の挨拶。これまでの労をねぎらいました。その後、吉田復興現地対策本部長とともに佐藤福島県知事への年末の挨拶をしました。

双葉地域電源政策協議会

20111228.jpg

20111228(1).jpg

福島市内で行われた「双葉地域電源政策協議会」に出席。今後の除染作業と中間貯蔵施設の設置について双葉地域8町村との意見交換を行いました。

警戒区域内で大規模火災が発生した場合の防災訓練

20111227(2).jpg

20111227(3).jpg

浪江町において「警戒区域内で大規模火災が発生した場合の防災訓練」を実施しました。各機能班から現状の報告を受けた後、消防士の全面マスクの着用、警戒区域内への立入り者の退去、警戒区域外の周辺住民への周知・広報を指示しました。

原子力損害賠償円滑化会議

20111227.jpg

20111227(1).jpg

経済産業省本館において行われた「第1回原子力損害賠償円滑化会議」に出席。この会議体を立ち上げた趣旨、東京電力による賠償の状況、賠償支援機構による訪問相談および個別相談の状況などについて担当者から説明を聴取。その後、意見交換を行いました。

原子力災害対策本部会議

20111226.jpg総理大臣官邸で行われた「第23回原子力災害対策本部会議」に出席しました。この日の会合では、福島第二原子力発電所の安全性確保の状況、ステップ2以降の取組等について話し合われました。また、警戒区域等の見直しに関する基本的考え方、中長期ロードマップ等について説明がありました。

被災地の仮役場を訪問

大熊町(会津若松市中央公民館)     浪江町(二本松市男女共生センター)

20111222(1).jpg

20111222(2).jpg

飯舘村(福島市飯野支所)        川内村(ビッグパレットふくしま)

20111222(3).jpg20111222(4).jpg

富岡町(陸上自衛隊郡山駐屯地の横)

20111222(5).jpg20111222(6).jpg

福島第一原子力発電所の事故により被災され、避難している仮役場を訪問。除染対策などについて意見交換を行いました。また、最後に訪問した富岡町仮役場ではぶら下がり取材を受けました。

飯舘村仮設住宅、相馬地方広域消防本部を訪問

20111219(4).jpg

20111219(5).jpg

飯舘村仮設住宅を訪問し、住民の方の要望をお聞きしました。その後、相馬地方広域消防本部を訪問し、火災予防・消防活動の強化及び仮設住宅の巡回を要請するとともに、警戒区域内の消防訓練の実施状況などを説明しました。

相馬市がれき置場、相馬市パークゴルフ場を視察

20111219(3).jpg

20111219(2).jpg

相馬市の「がれき置場」を視察、がれきの分別状況などを確認しました。また、がれき置場のすぐ近くの東北最大級のパークゴルフ場である、「相馬市パークゴルフ場」を視察しました。その後、相馬港、松川浦付近の津波による被害状況などを視察しました。

大規模太陽光発電施設を視察

20111219.jpg

20111219(1).jpg

相馬市の産業廃棄物埋立処分場に設置され、11月15日から発電を開始した「大規模太陽光発電施設」を視察。太陽光パネル96枚で20kw程度の発電量との説明がありました。

福島県知事、被災自治体首長・議長への説明

20111218.jpg

20111218(1).jpg

枝野大臣、細野大臣、平野大臣と共に、「ステップ2の終了と中長期ロードマップ」について、福島県知事、被災自治体首長・議長について説明しました。

地熱資源開発に関するシンポジウム

20111217.jpg

20111217(1).jpg

福島市で行われた「地熱資源開発に関するシンポジウム」に出席しました。経済産業大臣政務官として、基調講演を担当。先日の「柳津西山地熱発電所」の視察を踏まえつつ、地熱発電の特徴、導入の可能性、経済産業省の支援措置などをプレゼンテーションしました。その他、環境省、小説家、東北電力などの代表者からプレゼンテーションがあった後、パネルディスカッションを行いました。

中東・北アフリカ駐在大使との懇談会

20111216.jpg

20111216(1).jpg

経済産業省で行われた「中東・北アフリカ駐在大使との懇談会」に出席しました。冒頭、福島第一原発の現状や現地対策本部の取組を紹介。また、昨年12月、参議院ODA調査派遣団の団長としてチュニジア、ルワンダ、ガーナを訪問した経験を紹介しました。その後、駐在大使より各国の課題や要望についての説明がありました。

柳津西山地熱発電所を視察

20111214(1).jpg

20111214.jpg

柳津西山地熱発電所を視察しました。資源の少ない日本にとって地熱は貴重な純国産エネルギーであり、柳津西山地熱発電所は発電所1機あたりの出力日本一を誇っています。発電の原理は火力発電所と同じですが、タービン排気後の蒸気を空冷するための冷却塔があることが特徴です。

グリーン物流パートナーシップ会議

20111213.jpg20111213(1).jpg

国土交通省中央合同庁舎3号館で行われた「第10回グリーン物流パートナーシップ会議」に出席しました。物流効率化よるCO2排出量削減を図るためには、荷主企業と物流業者が業種業態の壁を越えて連携することが必要です。経済産業省を代表して挨拶をさせていただくと共に、優良事業者に対しての経済産業大臣表彰を行いました。

クリエイティブ産業界との懇談会

20111209.jpg

経済産業大臣とクリエイティブ産業界との懇談会に同席。ファッション、伝統工芸などのクリエイティブ産業の代表の方々と「クールジャパン戦略」について意見交換を行いました。「量」ではなく「質」で勝負し、安売りではなくブランド力を活かした販売戦略を立てることの重要性を指摘しました。

川内村仮設住宅を訪問

20111208.jpg

20111208(1).jpg

川内村仮設住宅を訪問し、住民の方との意見交換を行いました。住民の皆様から、仮設住宅の設備、補償の範囲、モニタリングに関する件など、ご要望をお聴きしました。その後、仮設住宅と周辺道路等の視察を行いました。

長野県旅館ホテル組合会との懇談

20111205.jpg

20111205(1).jpg

経済産業大臣政務官室にて、長野県旅館ホテル組合会の皆さんと懇談。原子力災害による風評被害など、長野県における観光産業の実情についてお聴きすることができました。

原子力災害の完全賠償を求める双葉地方総決起大会

20111203(1).jpg

20111203(2).jpg

いわき市のいわき明星大学児玉記念講堂で行われた、「原子力災害の完全賠償を求める双葉地方総決起大会」に出席し、経済産業省を代表してご挨拶をさせていただきました。会場には双葉地方の8町村長をはじめとして1000名を超える双葉地方の皆さんが集結。原子力災害の完全賠償を求めて10項目が決議されました。

いわき市久ノ浜地区の仮設店舗を視察

20111202(6).jpg

20111202(7).jpg

いわき市久ノ浜地区で被害を受けた事業者の仮設店舗「浜風商店街」を視察。スーパー、家電販売な10事業者が入居しており、地域住民の憩いの場になっていました。

いわき市四倉中核工業団地の仮設工場を視察

20111202(4).jpg 20111202(5).jpgいわき市四倉工業団地に中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)により設置された「仮設工場」を視察。原発事故により操業できなくなった市町の事業者が入居し、操業していました。その後、津波と火災により甚大な被害を受けた「いわき市久ノ浜地区」を視察しました。

楢葉町仮設住宅、仮設店舗を視察

20111202(2).jpg

20111202(3).jpg

いわき市中央台に建設された楢葉町民のための仮設住宅及び仮設店舗「くんちぇ広場」を視察。楢葉町の業者により施工されているため、配慮が行き届いた設計になっているとのことでした。

IGCC(石炭ガス化複合発電)実証プラントを視察

20111202.jpg

20111202(1).jpg

いわき市のIGCC(石炭ガス化複合発電)実証プラントを視察。3月11日の津波により被災したものの、運転を再開しており、IGCCの信頼性の高さが改めて実証されました。また、商用化に向けて実証試験を重ねている段階ですが、海外からの視察も多く、国際的な関心も高いとのことでした。

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー