2011年6月

民主党 化学物質政策PT

20110630(2).jpg 20110630(3).jpg

衆議院第2議員会館において民主党化学物質プロジェクトチームが行われ、UIゼンセン同盟政策局中村局長、上原副部長がヒアリングを受けました。始めに、上原副部長から「化学物質管理政策」について説明。「化学産業は、グリーンイノベーション等、成長戦略においても期待されている産業であり、産業の健全な発展と雇用創出のためにも国の規制のみならず、産業政策を推進させることが重要」との訴えがありました。化学産業に働く者の立場からの「化学物質管理」について意見交換を行いました。

成長戦略・経済対策PT 環境エネルギー戦略集中討議

20110630.jpg

20110630(1).jpg

参議院議員会館において朝8時から 民主党 成長戦略・経済対策プロジェクトチーム 環境エネルギー戦略「第5回集中討議」が行われました。通常国会は大幅に延長されており、連日精力的に部門会議やプロジェクトチームが開催されています。このプロジェクトチームでは、エネルギー政策の見直しに向けての集中討議を精力的に行っており、この日は環境経済の専門家よりヒアリング。エネルギーの安定供給とコスト負担のあり方について意見交換を行いました。

自殺対策を推進する議員有志の会

20110621.jpg 20110621(1).jpg

参議院議員会館において、超党派の「自殺対策を推進する議員有志の会」を開催しました。自殺対策推進室の「5月の自殺者急増を踏まえた対策強化の流れ」について報告。また、今後の課題について確認すると共に意見交換を行いました。危機的な状況であるとの認識は一致しており、延長国会の委員会等において各会派より自殺対策について質して行くことを確認しました。

民主党自殺対策推進PT役員会

20110620.jpg

20110620(1).jpg

民主党自殺対策推進プロジェクトチーム役員会を行いました。3月までは減少していた自殺者数は4月以降増加に転じており、5月は警察庁が毎月速報値を発表するようになってからの最多を記録してしまいました。この危機的状況から脱出するためには政府としての緊急対策が必要であり、内閣府自殺対策推進室より現状把握と対応について報告を受け、問題点を整理。タスクフォースの開催を強く要請しました。

経済産業委員会

20110616.jpg

20110616(1).jpg

経済産業委員会が開かれ、一般質疑では原発問題を中心に政府の対応を質しました。引き続き「鉱業法の一部改正法案」の趣旨説明を経済産業大臣より聴取。今回の改正は、日本の領海や排他的経済水域で資源の有無を調べる探査に、事前許可制度を導入するものであり、61年ぶりの改正となります。日本の周辺海域には、石油や天然ガスの代替になるメタンハイドレードや、銅や鉛、レアメタルなどの鉱物を多く含む海底熱水鉱床があります。世界各地で広がる資源争奪戦に備え、推定300兆円とされる海底資源の管理体制を整えるもので、実質的な審議は次回からになります。

日本基幹産業労働組合連合会

20110603.jpg

日本基幹産業労働組合連合会と基幹労連国政フォーラム議員団の皆さんが来訪。

「再生可能エネルギー促進における『再生可能エネルギーの全量固定価格買取制度』の位置づけについて」の参議院経済産業委員会への要請を委員長として受け取らせていただきました。

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー