国立公文書館を視察

r_20090625_1.jpg r_20090625_2.jpg

6月25日(木)、国立公文書館を視察。年金記録問題や薬害肝炎患者リストの放置問題など、公文書をめぐる不祥事を受けて、理事を務める参議院内閣委員会において、「公文書等の管理に関する法律案」を審議。国立公文書館の機能が強化されることになりました。国立公文書館は国の機関から内閣総理大臣が移管を受けた歴史資料として重要な公文書等を保存し、一般の利用に供する等の事業を行っています。

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー