2009年3月

国道18号線上田バイパス開通式

r_20090329_1.jpg r_20090329_2.jpg

3月29日(日)、上田市で行われた国道18号上田バイパス第二期工区開通式に出席し、挨拶とテープカットを行いました。この道路は、上田市内の慢性的な交通渋滞と交通死傷事故を解消することを目的に建設されました。また、広域的な地域の連携と発展を図る上でたいへん重要であり、地域住民の期待も高く、将来は私の故郷である東御市へも伸びる予定です。

セブン&アイ・フードシステムズ労働組合

r_20090324_3.jpg r_20090324_4.jpg

3月24日(火)、都内で行われたセブン&アイ・フードシステムズ労働組合「第3回支部長会議」において国政報告を行いました。厳しい経済情勢を受けての賃上げ交渉後ということもあり、経済の話から入り、政治の果たす役割について解説すると共に、政治に関心を持つことの大切さを説きました。現在の閉塞感を打破するためにも、政権交代を実現したいと訴えました。

内閣委員会で質問

内閣官房・内閣府における「ムダ遣い」を追求

r_20090324_5.jpg r_20090324_6.jpg

内閣官房や内閣府に本部や事務局ができても政策課題が実現されているか疑問であり、法案を作り対策を立てることが目的になっていないか、自殺対策予算を例に縦割り行政の弊害が出ていないか内閣委員会で追求しました。
 まず、厚生労働省の科学研究補助金がどうなっているのか、「自殺の心理学的剖検」と「戦略的研究」について具体的に質問。政府参考人から、「結果の集計はこれからだが将来的に活用できる」との答弁を得ましたが、自殺対策推進室には予算の費用対効果をチェックしていく機能が求められることを指摘しました。
 次に、各府省で横断的に取り組んでいる経費の執行状況が見えない点を指摘。横串刺しでチェックする機能の必要性について質し、河村官房長官から、「ご指摘の通りであり国民の前に明らかにしていく方向で進めている」との答弁を得ました。また、屋上屋を重ねている本部や事務局の整理統合のための法改正の必要性について言及。「統廃合について検討していく」との答弁を得ました。更に、政策会議の見直しについても同様であることを指摘しました。

r_20090324_7.jpg

最後に、警察庁に対し死因究明制度充実の必要性について質問。佐藤国家公安委員長から、検視官の増員を進めているとの答弁を得ました。


→(議事録はコチラから)

UIゼンセン同盟三重県支部

r_20090311_1.jpg r_20090311_2.jpg

3月11日(水)、三重県津市で行われたUIゼンセン同盟三重県支部運営評議会にて国政報告を行いました。道路特定財源をめぐる税金のムダ遣いや官僚による縦割り行政の弊害について言及。直近の国会情勢に触れた後、政権交代の必要性を訴えました。その後の質疑応答で、解散時期、年金問題、自殺対策などの質問に答えました。

UIゼンセン同盟 「2009労働条件闘争中央総決起集会」

r_20090306_3.jpg r_20090306_4.jpg

3月6日(金)、東京厚生年金会館で開催されたUIゼンセン同盟による「2009労働条件闘争中央総決起集会」に激励の挨拶のため駆けつけました。「勝ち取ろう賃金・時短!守ろう雇用」をスローガンに、個人消費回復による、内需拡大を掲げ、全員一丸となって粘り強く運動していくことを誓い合いました。

UIゼンセン同盟千葉県支部

r_20090306_1.jpg r_20090306_2.jpg

3月6日(金)、ゼンセン会館で行なわれたUIゼンセン同盟千葉県支部の運営評議会で国政報告を行ないました。直近の国会情勢を報告させていただいた後、質問を受けました。定額給付金に関する質問など、様々な側面で今の国政への関心の大きさを感じることができました。

民主党森林環境政策議員懇談会

r_20090304_1.jpg

3月4日(水)、民主党森林環境政策議員懇談会「第12回総会」が行なわれました。民主党から、「民主党農林水産政策大綱」と1月に提出した議員立法「農山漁村再生法案」について説明。森林労連・林野労組から、「森林・林業・木材関連産業に関する要請」を請けました。その後の意見交換により、山村・木材価格問題、林業事業体・労働力の確保・育成等の問題について、現状認識を深めることができました。

民主党障がい者政策プロジェクト

r_20090303_1.jpg

3月3日(火)、民主党障がい者政策プロジェクトが行なわれました。私も内閣部門を代表して、副座長として参加。今国会で審議予定の障害者自立支援法改正案、障害者基本法改正案、障害者権利条約や障害者差別禁止法等への対応を含め、障がい者制度改革について民主党の考え方をとりまとめ、「障がい者制度改革推進法案」を立法化するために週2回精力的に活動しています。

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー