UIゼンセン同盟栃木県支部

r_20090131_1.jpg r_20090131_2.jpg

1月31日(土)、宇都宮市で行なわれたUIゼンセン同盟栃木県支部「運営評議会」で国政報告を行ないました。定額給付金をめぐる国会情勢、平成21年度予算をめぐり今後予想される国会の動き、解散総選挙の見通しなどについて触れ、真正面から論戦を挑んでいくことが大切であると報告。次の衆議院選挙は歴史の変わる節目の選挙であり、必ず投票に行って欲しいと訴えました。

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー