2008年12月

自殺対策緊急集会

r_20081225_1.jpg r_20081225_2.jpg

12月25日(木)、臨時国会は24日に事実上閉会しましたが、自殺対策を考える議員有志の会とNPO法人ライフリンクの共催により、緊急集会「自殺者急増の危機に立ち向かう」を行ないました。国会議員だけでなく、全国各地で自殺対策に取り組む関係者や報道関係者を一堂に集め、自殺対策の現場からの声を聞き、国として自殺者急増の危機にどう立ち向かえばいいのかを議論しました。発言者が相次ぎ熱気に包まれた中、それぞれの現場でも具体的な行動に踏み出すことを確認し終了しました。

日本介護クラフトユニオン近畿支部

r_20081220_1.jpg r_20081220_2.jpg

12月20日(土)、大阪市で行なわれた、日本介護クラフトユニオン近畿支部「ステップアップ研修会&クリスマスパーティー」の中で、国政報告を行ないました。終盤を迎えた臨時国会での与野党の攻防について触れると共に、労働組合と政治のかかわりについて社会保険や年金問題を例に解説。政権交代がないことにより停滞している現状を打破するには、一人ひとりが選挙に行き投票することが大切であると、思いを伝えました。

内閣府特命担当大臣へ要望書提出

r_20081218_3.jpg r_20081218_4.jpg

12月18日(木)、先日の自殺対策を考える議員有志の会で決めた、自殺緊急対策に関する要望書を野田聖子内閣府特命担当大臣に提出しました。全国で倒産や失業者が急増しており、1998年に自殺者数が急増した時以上の危機に直面していることから、政府を挙げての自殺緊急対策を強く求めるとともに、「自殺緊急対策5項目」を実施することを強く要望しました。大臣提出の後、記者会見を行い、要望書提出に至った背景などを説明しました。


→(要望書はコチラから)

野党共同12.18集会

r_20081218_1.jpg r_20081218_2.jpg

12月18日(木)、社会文化会館で行なわれた、野党共同「緊急雇用対策関連法案の早期成立を求める12.18」集会に参加。野党3党が提出した、「採用内定取消規制法案」、「派遣労働者等解雇防止緊急措置法案」、「住まいと仕事の確保法案」、「雇用保険法改正案」、「有期労働契約遵守法案」について、法案発議者の決意表明があり、最後にガンバロー三唱により早期成立に向けての団結を確認しました。

国会前行動を激励

r_20081217_1.jpg r_20081217_2.jpg

12月17日(水)、後期高齢者医療制度撤廃を実現する会主催「後期高齢者制度の撤廃を求める第4弾国会前行動」を激励。降りしきる雨の中、中央労福協、高齢協連合会、退職者連合などの皆さんが、年齢により差別する後期高齢者医療制度に対する国民の不満を表明し、制度の撤廃を強く求めました。

自殺対策を考える議員有志の会

r_20081212_1.jpg

12月12日(金)、国会内で、自殺対策を考える議員有志の会「打合せ会」を行ないました。最近の厳しい経済情勢の影響を受け、自殺者数の増加が危惧されており、有志の会として今後の進め方について意見交換。年末に向けての時期が大切であり、緊急対策に関する要望書を内閣府担当大臣に対し早急に提出することとしました。

三菱レイヨンユニオン研修会

r_20081211_1.jpg r_20081211_2.jpg

12月11日(木)、大阪市で行なわれた、三菱レイヨンユニオン研修会にて国政報告を行ないました。先月の決算委員会で質問した、独立行政法人をめぐる政府のムダ遣いの構図について説明。更に、国会情勢について言及し、課題が山積しているにもかかわらず、麻生政権は緊急経済対策をめぐり迷走を続けており、やはり政権交代しか解決の道はないことを強く訴えました。

ものづくり技術の革新を進める会

r_20081209_1.jpg r_20081209_2.jpg

12月9日(火)、国会内で、UIゼンセン同盟を始めとした労働組合の主要産別の協力のもと、ものづくり技術の革新を進める会「発足総会」が行なわれ、呼びかけ人の一人として出席しました。この会は、ものづくりを原点とした産業立国の道を歩むためには、革新的技術開発を推進することが重要であり、調査、研究、提言など必要な活動を行います。

UIゼンセンシニア友の会大阪府支部総会

r_20081202_1.jpg r_20081202_2.jpg

12月2日(火)、大阪府で行われた、UIゼンセンシニア友の会大阪府支部総会に出席。最近の国会情勢に触れ、国民生活に密接にかかわる大きな問題が山積しているにもかかわらず、麻生内閣は迷走を続けており、「一刻も早く政権交代すべき」と挨拶しました。懇親会ではOB諸先輩方の国政へのご意見を伺ったり、2年後に向けた激励を頂戴したりすることができました。

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー