2008年10月

後期高齢者医療制度撤廃を求める国会前行動

r_20081022_1.jpg r_20081022_2.jpg

10月22日(水)、国会前で行われた、「後期高齢者医療制度撤廃を求める第3弾国会前行動」を激励。退職者連合や中央労福協などの皆さんが、後期高齢者医療制度の撤廃を実現するために座り込みを行いました。国民は年齢による差別への不満と将来への不満でいっぱいであり、制度の撤廃を強く求めました。

国会同意人事に関しての質問

r_20081021_1.jpg r_20081021_2.jpg

10月21日(火)、議院運営委員会において会計検査院検査官の同意人事に関して、山浦参考人に対し質問。会計検査の役割は重く、評価している点や改善が必要な点についての所見を伺いました。また、会計検査の充実を図るべきであり、今後の会計検査院の検査をより良くするためにどう取り組むのか、会計検査のあり方や問題点について質しました。

近藤紡績労働組合定期大会

r_20081017_1.jpg r_20081017_2.jpg

10月17日(金)、名古屋市内で行われた近藤紡績労働組合「第62回定期大会」に出席。麻生総理に代わってからの国会情勢や最近の社会問題に触れ、脅かされている「食の安全」、消された「年金」、道路財源に代表される「税金のムダ遣い」などを例に、政権交代が必要なのは誰の目にも明らかであると挨拶しました。

UIZ都道府県支部定期総会での国政報告

r_20081011_1.jpg r_20081012_1.jpg

10月9日(木)と11日(土)から13日(火)の4日間、各地で行われたUIゼンセン同盟府県支部定期総会に出席し、国政報告を行いました。「消された年金」や「偽装米」の問題に触れ、「皆で怒る時であり政権交代が必要」と強く訴えました。


10月 9日(木) 大阪府支部定期総会

10月11日(土) 山梨県支部定期総会

10月12日(日) 岡山県支部定期総会

10月13日(月) 福井県支部定期総会

セブン&アイ・フードシステムズ労働組合

r_20081010_1.jpg r_20081010_2.jpg

10月10日(金)、東京都内で行われたセブン&アイ・フードシステムズ労働組合定期中央大会において、講演を行いました。麻生新総理になり、この4年間で4人も総理が代わった国会情勢に触れ、揺らいでいる「食の安全」や「消された年金問題」にもっと怒るべきであり、政権交代の必要性を強く訴えました。また、外食産業を取り巻く環境は非常に厳しく、労使で頑張って会社を守ることが労働条件を守ることであると激励しました。

厚生労働大臣に対する要請

r_20081008_1.jpg r_20081008_2.jpg

10月8日(水)、介護報酬改定にあたっての厚生労働大臣に対するUIゼンセン同盟の要請行動に同席しました。安心と信頼の介護保険制度の実現と、介護労働者の声を国政に届けることを目的に取り組んだ21万人分の署名を提出。介護労働者の処遇改善と、やりがい働きがいの持てる職場環境の整備についての思いを伝え、介護報酬の引き上げが介護労働者の処遇と環境の改善に結びつくように、要請書を手交しました。

長野と埼玉を訪問

r_20081004_1.jpg r_20081004_2.jpg

10月4日(土)、地元の衆議院議員の事務所開きに出席するために長野県上田市を訪問。激励の挨拶をした後、夕方のUIゼンセン同盟埼玉県支部「第7回定期総会」での必勝決議で決意表明をするため埼玉に移動ました。その途中で埼玉県に本拠地のあるバレーボールチーム「武富士バンブー」に久し振りの激励に伺いました。定期総会での必勝決議では、政権交代の必要性を強く訴えました。(写真2枚目は武富士バンブーの皆さん)

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー