2008年7月

UIゼンセン同盟滋賀県支部「運営評議会」

r_20080731_1.jpg r_20080731_2.jpg

7月31日(木)、滋賀県彦根市で行われたUIゼンセン同盟滋賀県支部「運営評議会」にお伺いし、国政報告を行いました。首相問責決議で幕を閉じた先の通常国会での取り組みを中心に報告。税金のムダ遣いは一向になくならず、政治は悪くなる一方であり、政権交代の必要性を強く訴えました。その後の懇親会では、現場の実態など生の声をお聞きすることができました。

UIゼンセン同盟繊維関連部会「執行委員会」

r_20080728_1.jpg r_20080728_2.jpg r_20080728_3.jpg r_20080728_4.jpg r_20080728_5.jpg

7月28日(月)、大阪市のUIゼンセン同盟関西会館で行われた繊維関連部会執行委員会で国政報告を行いました。先の通常国会での取り組みを中心に報告。質疑応答では、高齢者医療の問題点や裁判員制度の課題など、幅広く意見交換をすることができました。執行委員会の前後には大阪府の支援組織を訪問しました。
(写真は、丸大食品労組、ジャパンユニオン、東洋紡績労組本社支部、東レ労組大阪支部の皆さん)

UIゼンセンOB友の会山口県支部

r_20080724_1.jpg r_20080724_2.jpg

7月24日(木)、山口県周南市で行われたUIゼンセンOB友の会山口県支部「第33回定期総会」にお伺いし、先の通常国会での取り組みや国政状況について報告。その後の懇親会では、年金や医療の問題について意見交換を行い多くの先輩の皆さんと親しくお話をすることができました。

UIゼンセン同盟部会執行委員会で挨拶

r_20080722_1.jpg r_20080722_2.jpg

現在、各部会の執行委員会を訪問中。これまでにも化学部会、流通部会、地方部会に伺いました。7月22日(火)は、生活総合産業部会を訪問。通常国会の閉会後、改めて振り返った国政状況について、国民へのしわ寄せを解決するにはもはや政権交代の実現しかなく、そのカギは投票率であると、出席者の皆さんへ報告しました。

ファッション労連「組合代表者会議」

r_20080719_1.jpg r_20080719_2.jpg

7月19日(土)、大阪市のUIゼンセン同盟関西会館で行われたファッション労連「組合代表者会議」に駆けつけ、国政報告を行いました。先の通常国会での取り組みを中心に報告。その後の懇親会にも参加し、多くの皆さんと親しくお話することができました。

大阪府支援組織訪問

r_20080708_1.jpg r_20080708_3.jpg

7月8日(火)、大阪府の支援組織をご挨拶に訪問。途中、交通労連関西総支部「夏期労働講座・第2委員会」とUIゼンセン同盟大阪府支部「流通部会近畿ブロック三役会議」に駆けつけ、先の通常国会を中心に国政報告を行いました。支援組織でのご挨拶を含め、多くの皆さんとお話をすることができました。(写真1枚目は上新電機労働組合、2枚目は大阪ガス労働組合の皆さん)

UIゼンセン同盟石川県支部

r_20080704_3.jpg r_20080704_4.jpg

7月4日(金)、金沢市で行われた、UIゼンセン同盟石川県支部「2008地域フォーラム」にお伺いしました。先の通常国会の報告を始め、労働組合と政治のかかわりなどについて約1時間講演し、最後に参加者の皆さんと記念撮影。その後の懇親会では、質問や意見の他、現場の状況について伺いました。

自殺実態白書の提出

r_20080704_1.jpg r_20080704_2.jpg

7月4日(金)、自殺対策を考える議員有志の会で、自殺実態解析プロジェクトチームによる「自殺実態白書」の岸田内閣府特命担当大臣への提出に同行しました。今年1月の内閣委員会で泉国家公安委員長に指摘した「自殺対策に警察データが重要である」との内容を受け、その後警察庁と民間団体との間で検討が重ねられてきました。今回、警察庁と自殺予防総合対策センターが集計したデータを元に、民間団体が実態をまとめるに至りました。官民が一丸となった自殺対策がまた1歩前進しました。

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー