2008年4月

両院議員総会が開会

r_20080430_1.jpg r_20080430_2.jpg

4月30日(水)午前、国会内で民主党両院議員総会が開会されました。会場には多くの報道陣も駆けつけ、廊下まで溢れる状況。冒頭、鳩山幹事長は「政府与党が直近の山口補選の民意に反しガソリン税を増税と暴挙に出ようとしている、衆参団結して頑張ろう」と挨拶。その後、衆議院から菅代表代行、参議院から輿石代表代行が檄を飛ばし、全員でガンバローを三唱し再議決阻止を誓い合いました。

家族会・救う会・拉致議連共催「国民大集会」

r_20080427_1.jpg

4月27日(日)、家族会・救う会・拉致議連共催「北朝鮮への追加制裁を求める国民大集会」に出席。不誠実な態度を取り続けている北朝鮮に対し怒りを伝えるために、現行制裁の延長を決めるだけでなく、拉致を理由に更なる追加制裁の発動に踏み切ることを政府に強く要請しました。

メーデー中央大会

r_20080426_1.jpg r_20080426_2.jpg

4月26日(土)、約4万5000人が参加し東京代々木公園で開催された「第79回メーデー中央大会」に出席しました。開会に先立ち民主党国会議員、地方議員は街頭演説を実施。川合孝典議員らとともに街宣車から会場へ向かう参加者を激励しました。また約1時間で終了した大会の後は会場内を周り、参加者と懇談しました。

民主党議員立法「銃刀法改正案」提出

r_20080425_1.jpg r_20080425_2.jpg

4月25日(金)、民主党議員立法「銃砲刀剣類所持取締法及び火薬類取締法一部改正案」を発議者の一人として参議院に提出し、記者会見を行いました。合法銃を使用した凶悪事件の発生により、銃所持許可基準のあり方が問題となっています。そこで、銃所持許可基準の厳格化や実弾管理の届出の義務化などを内容とする改正案を議員立法として取りまとめました。

東京北御牧会総会

r_20080420_1.jpg r_20080420_2.jpg

4月20日(日)、都内で開催された東京北御牧会「第26回総会」に出席しました。地元から実弟の?澤旨賢東御市議長(実弟)をはじめとする役所の皆さんが参加され盛大に開催されました。第2部では「国政報告」の時間を頂き、これまでの経験談をまじえ、最近の国会情勢についてお話しました。その後の懇親会では地元の思い出話に花が咲き、北御牧中学の校歌を合唱し、大いに盛り上がりました。

延岡で国政報告

r_20080418_3.jpg r_20080418_4.jpg

4月18日(金)、宮崎県延岡市で開催された、宮崎民社協会延岡総支部・UIゼンセン同盟宮崎県支部・宮崎県北地区同盟共催「国政報告会」に呼んで頂きました。現在国会で審議中の道路特定財源や暫定税率の問題、年金や高齢者医療の問題など、最近の国会情勢の裏話に触れながら分かり易く解説しました。その後の懇親会では、今後の国政について活発に意見交換を行うことができました。

決算委員会で質問

日本のODAのあり方をただす

r_20080418_1.jpg

4月18日(金)参議院決算委員会で政府開発援助(ODA)のあり方について高村外務大臣に質問。主な項目は 1. 平成18年の債務救済(債権放棄)が実績の3分の1の4千億円超もあるのに国会審議がないこと。2. ODA実績が世界第5位に転落したと発表を受け、政府内からは削減方針を見直す必要があるのではとの意見が出ていること。3. 国際協力機構(JICA)と国際協力銀行(JBIC)の一部が統合され、新JICA発足に伴う事務所体制や人事構成、そしてその処遇について。

r_20080418_2.jpg

4. 同じJICAの名称であるが経費を掛けたロゴマーク変更の必要性について。大臣からは「国際社会の発言力および信頼の向上にODAの活用は不可欠であり、限られた予算の中で質、量とも充実させていく」と答弁があったが、柳沢議員は日本の危機的な財政状況を示し、慎重な対応を強く要請しました。そして、これまでの日本は援助金で評価されたが、今後は援助する人材が日本のODAとなることが大切であると大臣へ提言しました。


→(議事録はコチラから)

UIゼンセン同盟地方部会「執行委員会」

r_20080416_1.jpg r_20080416_2.jpg

4月16日(水)、都内で開催されたUIゼンセン同盟地方部会の執行委員会を訪問し、約1時間の国政報告を行いました。直近の国会内の裏話をはじめ、今後の政局に触れながら挨拶しました。その後の質疑応答において、地方の選挙区情勢および、組合活動や個々の政治参加について質問があり、まずはどんな選挙にも投票行動を促進し参加してもらう活動が最重要であると伝えました。

三菱レイヨンユニオン大竹支部を訪問

r_20080411_1.jpg r_20080411_2.jpg

4月11日(金)、山口県に隣接する広島県大竹市にある三菱レイヨンユニオンを訪問し、支部役員の皆さんと懇談しました。県境ということで、UIゼンセン同盟の広島と山口の両支部長も同席。出席者からの質問では「政治活動、特に署名活動の重要さは認識しているが、組合員へ伝えることの難しさ」が挙げられ、今後の活動に向けた活発な意見交換が行えました。

UIゼンセン同盟東京都支部新任役員研修会

r_20080405_1.jpg r_20080405_2.jpg

4月5日(土)、都内で開催されたUIゼンセン同盟東京都支部「第10回新任役員研修会」に伺い、「なぜ労働組合が政治活動に取り組むのか」をテーマに約1時間の国政報告を行いました。国会で審議中の道路特定財源をはじめ年金、高齢者医療、天下り問題などの生活者に身近な課題を取り上げ、挨拶しました。最後に参加者全員で集合写真を撮り、次の目的地の長野へ向かいました。

大阪ガス労組「政治研修会」

r_20080404_1.jpg r_20080404_2.jpg

4月4日(金)、東大阪市で行われた大阪ガス労組北東部ブロック「一般組合員政治研修会」で、国政の現状と課題について講演。定率減税廃止や年金問題を例に、政治活動の必要性や労働組合とのかかわりについて分かり易く解説しました。

拉致議連総会

r_20080401_1.jpg r_20080401_2.jpg

4月1日(火)、「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するための行動する議員連盟(拉致議連)」の総会に出席しました。3月中旬に開かれた家族会・救う会合同会議で確認された運動方針をヒアリング。そして3団体共同で提出する政府への決議を確認しました。4月27日には都内で国民大集会を開くことも決定。政府へ追加制裁を要請し、一刻も早い解決に向け一丸となり取り組んでいきます。

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー