交通運輸政策研究会

r_20070921_1.jpg r_20070921_2.jpg

9月20日(木)、交通労連と国会議員で構成される交通運輸政策研究会に出席。運転手の高齢化や価格破壊で混乱する大阪タクシー業界の実態をヒアリングし、国会議員、経営者、労組役員、国交省とで意見交換をしました。経営者から、規制緩和による過度の企業間競争が違法行為につながっている現状が報告され、柳沢議員は国交省へ監視体制の見直しを要求。国として安心できる公共サービスに取り組むよう強く求めました。

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー