厚生労働委員会での質問

雇用対策法の審議

r_20070531_1.jpg r_20070531_2.jpg

5月31日(木)、厚生労働委員会で「雇用対策法及び地域雇用開発促進法」について質問。柳沢議員はバブル崩壊以降、日本の企業の多くが、労働者を人件費コストとしか考えず、技術や技能が失われてきたことに強い危機感を感じているとし、柳沢大臣の昨今の雇用情勢についての基本的認識を尋ねました。 また昨今の偽装請負などの問題を示しながら、労働者派遣法の制度の適正な運用のための措置を求めるとともに、業務請負に対する実態把握の必要性を訴えました。


→(議事録はコチラ

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー