FOPの難病指定の方針を決定

r_20070312_1.jpg

3月12日 (月)、厚生労働省の特定疾患対策懇談会が開催され、進行性化骨筋炎(FOP)など2疾患を新たに難病指定する方針を決めました。これにより新年度より、治療のための国の体制作りが進むとともに、治療方法の研究がスタートします。FOPの患者さんやご家族にとっては待ちに待った瞬間であり、署名活動に協力された全国の皆さんとともに喜び合いたいと思います。


→厚生労働省発表の資料はコチラ

→新聞記事はコチラ

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー