FOPの難病指定を求める集会

r_20070307_1.jpg r_20070307_2.jpg

3月7日(水)、参議院議員会館にてUIゼンセン同盟による「進行性化骨筋炎(FOP)の難病指定を求める集会」が行われました。出席議員は、UIゼンセン同盟組織内の川端衆議院議員、伴野衆議院議員、平田参議院議員、山根参議院議員、柳沢参議院議員、そして民主党難病対策推進議員連盟事務局長 谷参議院議員(栃木選挙区)、FOP患者の小山健司さんが住んでいる佐賀2区の大串衆議院議員です。集まった約33万名の署名は、健司さんのお兄さんであるホテルニューヒロデン労組の小山委員長が代表して手渡しました。

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー