2007年2月

テルモ労組国政報告会

r_20070224_1.jpg r_20070224_2.jpg

2月24日(土)、テルモ労組の国政報告会へ伺いました。全国の事業所から約100人の皆さんが集る中、昨年末の決算委員会のビデオを上映。続けて約1時間の講演を行いました。最後には労働法制に関する内容や東京都知事選についての質問も受けるなどしました。

チヨダユニオン国政報告会

r_20070223_1.jpg r_20070223_2.jpg

2月23日(金)、チヨダユニオンの国政報告会へ伺いました。柳沢議員は中央委員会後の開催ということもあり、今年度は賃金交渉の要求額を超える程の増税が行われることに触れ、積極的な政治活動へ参加し自分たちの声を伝えていくことが重要であると挨拶しました。

民主党はたらき方調査会

r_20070222_1.jpg r_20070222_2.jpg

民主党は、パート労働法、最低賃金法などの法案審議に先駆けて、毎週「はたらき方調査会」を開催し、厚労省担当者や関係団体からのヒアリングを行っています。
 今週は、パート労働法の政府案と民主党案について労働組合の立場からの意見を聞くためにUIゼンセン同盟を招いてのヒアリングを行いました。民主党は、働く全ての人が仕事と生活のバランスをとりつつ、安心、安全、健康に、いきいきと働くことができる社会を目指します。

進行性化骨筋炎の患者さんと

r_20070211_3.jpg r_20070211_4.jpg

2月11日(日)、佐賀県神埼市にお住まいの小山健司さんのお宅を訪問しました。小山さんは進行性化骨筋炎(FOP)という、筋肉が骨に変わるという難病と闘い、ご家族も署名活動を行うなど、国の1日も早い難病指定を求めています。柳沢議員は、小山さんから病状などについて聴くとともに、ご家族からはこれまでのご苦労を伺い、難病指定に向けてできる限りの協力を約束しました。

三原おさむ後援会事務所訪問

r_20070211_1.jpg r_20070211_2.jpg

2月11日(日)、福岡市の三原おさむ市議会議員の後援会事務所を表敬訪問しました。スタッフの皆さんも大変明るく、とても良い雰囲気の事務所です。三原市議と柳沢議員とは、お互い労働組合の役員の頃からの旧知の間柄。三期目となる4月の戦いに向けての準備も着々と進んでいるようです。

全東レ「ユニオンリーダーセミナー」

r_20070207_1.jpg r_20070207_2.jpg

2月7日(金)、全東レ労連のセミナーに伺い、政局の動向をテーマに約1時間の講演を行いました。全国から集まった110名の新支区長の皆さんへ、開会中の国会情勢をはじめ、当選以来経験した議員活動を報告。政治と労組活動の関わりについては、これまで実際に経験してきたことをもとに、出席の皆さんへも今後も積極的な活動への参加を訴えました。

中国残留孤児請願受付

r_20070202_1.jpg r_20070202_2.jpg

2月2日(金)、中国残留孤児国家賠償訴訟原告団全国連絡会主催で要請行動が行われ、残留孤児問題の全面解決を求める請願書を受け取りました。今回の行動は、1月末、国家賠償を求めた訴訟で東京地裁が原告側の請求を棄却したのを受け行われました。民主党は支援・激励要請を受けて、柳沢議員も参加しました。民主党は新たな支援法案を今国会へ提出する方針です。

予算・決算プロジェクトチーム

r_20070201_1.jpg r_20070201_2.jpg

2月1日より衆議院の予算委員会をかわきりに補正予算の審議が行われます。民主党では党の方針を定めるため『民主党予算・決算プロジェクトチーム』を立ち上げ、柳沢議員がその事務局長に就任。会議の運営、進行を掌る重要な役割を担っています。補正予算とは年度途中における災害の発生や法改正などに対応するため、当初予算額を増額または減額する予算のことです。

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー