行政改革に関する特別委員会で質問

r_20060512_1.jpg

5月12日(金)、参議院行政改革に関する特別委員会で「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律案(市場化テスト法案)」について質問に立ちました。柳澤議員は、公共サービスは国民が利益を享受するものであり、改革は国民の立場に立って実施されることが重要であるとの認識を示しました。その上で、現在行われている各府省庁による事業の仕分けと、入札の評価をチェックする「官民競争入札等監理委員会」等が机上論だけの改革にならないよう、答弁に立った中馬大臣らに政府の見解を質しました。 (議事録はコチラから)

r_20060512_2.jpg

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー