2006年2月

福島県にて現地調査を実施

r_20060227_1.jpg r_20060227_2.jpg

2月27日(月)、今国会で審議される「まちづくり三法」改正に関連して、全国で始めて「まちづくり条例」を制定した福島県を訪問しました。福島県庁を訪れ、担当者から県内の状況や「まちづくり条例」制定の経緯などについて説明を受けました。
あわせて福島市内の商店街の様子も視察しましたが、人通りも少なくシャッター通り化しているところも多く、あらためて地方都市の深刻な状況を目の当たりにしました。

拉致特別委員会視察

r_20060222_1.jpg r_20060223_1.jpg

2月22・23日の2日間、参議院「北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会」で石川・福井両県を訪問しました。それぞれの県庁を訪れ、知事から県の現状を伺いました。石川県では県警、救う会、特定失踪者問題調査会の皆さんと、福井県では県警、小浜市、救う福井の会、福井大教授と意見交換を行いました。柳澤議員は今後も拉致問題の早期解決に向け活動を続けていきます。

参議院内閣委員会視察

r_20060221_1.jpg r_20060221_2.jpg

2月21日(火)、参議院「内閣委員会」で視察に行きました。所管事項である皇室典範問題に関しては、皇居を訪問し、宮内庁長官の説明を受けるとともに宮殿などを視察。また、2月20日に閣議決定され国会に提出された「市場化テスト法案」に関連し、構造改革特別区域法による日本で最初の株式会社立大学である「LEC東京リーガルマインド」を訪問。参加した他の議員とも意見交換を行い、今後の議論につながる視察となりました。(写真はLEC東京リーガルマインドでの懇談と、皇居で海外来賓用の馬車に試乗した様子。)

町田市議会議員選挙・町田市長選挙の応援

r_20060219_1.jpg r_20060219_2.jpg

2月19日(日)、東京都町田市の市議会議員選挙で7期目に挑戦する井上正行候補の出陣式に出席。2人の付き合いは長く、柳澤議員が、井上候補の第1回目の選挙の時に友好組合の仲間として選挙応援に入ったのが始まり。
この日の出陣式には、民主党東京都連の小川会長や連合東京の遠藤会長等多くの仲間や地元支援者が集まり、盛大に開催されました。町田市では同時に市長選挙も告示されましたが、柳澤議員、井上候補の友人でもある真木茂市長選候補(写真2枚目)も駆けつけ、お互いに健闘を誓い合いました。

日清紡労働組合研修会

r_20060218_1.jpg

2月18日(土)、日清紡労働組合の関東ブロック研修会に出席しました。関東全域から出席された約40名の皆さんに、約1時間30分の国政報告を行いました。質疑では税金、子どもの安全等の日常の生活で感じている内容が質問されました。議員からは「若い世代の皆さんがきちんと声を挙げなければ何もかわりません。みんなで変えていきましょう」と伝え、最後に参加者全員で記念撮影をして終りました。

イオングループ労連研修会

r_20060217_1.jpg r_20060217_2.jpg

2月17日(金)、都内で開催されたUIゼンセン同盟イオングループ労連の研修会で、国政報告を行いました。車座座談会では柳澤議員も参加し、流通業で働く皆さんが日常政治に対し感じている内容をテーマとして、政治を身近に感じてもらうための取り組みについて意見交換をしました。「柳澤議員と話をし、組合員の皆さんにも政治について伝えていくことの重要性を実感しました」などの意見も頂きました。(写真2枚目は同席していた四日市市議会加納議員)

モンテローザ労組定期大会

r_20060216_1.jpg r_20060216_2.jpg

2月16日(木)、新宿厚生年金会館で開催された、UIゼンセン同盟モンテローザ労働組合の定期大会に出席しました。今回の大会への出席は、昨年12月に吉川委員長が国会見学をされ、「単組の皆さんにもぜひ国政報告の機会を」ということから実現しました。来賓挨拶を含めた国政報告を約60人の皆さんへ行い、今通常国会で議論されている食の安全問題について報告しました。食料品を最前線で扱う外食産業の皆さんということもあり、代議員の皆さんは熱心に聞き入っていました。

亀田製菓労組「青年女性部行事」に出席

r_20060211_1.jpg r_20060211_2.jpg

2月11日(土)、亀田製菓労組の青年女性部行事に出席しました。新潟市内の会場には約150名が参加し、柳澤議員は20分間の国政報告を行い、懇親会では各テーブルを周り交流を深めました。参加者の多くが女性役員ということもあり、働く女性の声も多く、国政に対する現場の意見を頂戴しました。

カスミユニオン中央委員会

r_20060209_1.jpg

2006年2月9日(木)、茨城県土浦市内のホテルで行われたカスミユニオン中央委員会を訪問しました。中央委員会終了後に約100名の参加者の皆さんに、日常の議員活動の内容を交えながら、今通常国会が始まってからの民主党の「安全国会」への取り組み状況、そして2月3日(金)の柳澤議員の内閣委員会での質問の様子等の国政報告を行いました。また「菅谷委員長とは昔からの付き合い」とのエピソードを交えての話には会場からは笑いも起こり、1時間の報告会は瞬く間に終了しました。

内閣委員会での質問

r_20060203_1.jpg

2月3日(金)、内閣委員会にて「食の安全」をテーマに約30分間の質問を行いました。
冒頭、「食品安全基本法」成立時に内閣委員会で決議された附帯決議が遵守されていないことに触れ、安倍官房長官に政府の対応の不誠実さを指摘。さらに、内閣府が所管する食品安全委員会の権限と機能強化がなければ食の安全が守られないと食品安全担当の松田大臣に改善を迫りました。
また、国民の不安解消も重要とした柳澤議員の質問に対して、消費者政策を担当する猪口大臣からは「消費者基本計画を推進し、食品の安心・安全を確保し消費者に信頼を持って頂けるように努める」との認識が示されました。
最後に、食品産業で働く多くの皆さんは毎日、食の安全に対し真剣に取り組んでいることを紹介し、「国の食品安全政策が曖昧であり、管理がずさんであったりすると、現場の皆さんの努力が水の泡である」と松田大臣の食品行政に対する姿勢を改めて問いました。これに対し大臣からは「国の食品安全対策にしっかりと取り組む」との答弁を引き出しました。(議事録はコチラ)

r_20060203_2.jpg 安倍官房長官
r_20060203_3.jpg 猪口特命担当大臣
r_20060203_4.jpg 松田特命担当大臣
r_20060203_5.jpg 委員会室の模様
カテゴリー別記事一覧
バックナンバー