政研フォーラム海外調査団

r_20051106_1.jpg r_20051106_2.jpg

10月29日から11月6日の8日間、政策研究フォーラム主催の海外調査で、議員、大学教授、労働組合役員など14名が参加し、ドイツ、チェコ、フランスを訪問。EU憲法制定の見通しやヨーロッパにおける労働市場や雇用情勢などについての調査を行うことを目的に、ドイツの労働組合「IGメタル」や、プラハにあるチェコ大使館、ドイツ社民党やフランス社会党の国会議員との懇談など、精力的に行われました。

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー