厚生労働委員会での質問

r_20050628_1.jpg

6月28日(火)、厚生労働委員会で、「障害者の雇用促進等に関する法律の一部を改正する法律案」の質問を行いました。今回の法案は、1.精神障害者を雇用率制度の適用とする、2.在宅就業障害者に対する支援、3.福祉施設との連携、などにより障害者雇用を促進するというもの。質問に立った柳澤議員は、「あらゆる企業の、あらゆる職場で、一人でも多くの障害者が雇用される環境整備が必要」とし、厚生労働省の施策の中でも、実態把握の甘さや地域間のバラツキの問題について改善を強く求めた。 (議事録はコチラから)

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー