2005年3月

厚生労働委員会での質問

r_20050331_1.jpg

3月31日(木)、厚生労働委員会での3回目の質問となるこの日の内容は、「介護保険法改正」について。現場で働くヘルパーを取り巻く問題点の指摘を行ったほか、人材育成の観点からは、サービス提供責任者の重要性について訴え、厚生労働省の考え方を質しました。(議事録はコチラから)

すかいらーくグループ訪問

r_20050328_2.jpg

3月28日(月)、すかいらーくグループ労働組合連合会を訪れました。初登院から現在の状況と今後の活動方針を報告しました。吉田会長をはじめ、皆さん熱心に聞き入っていただきました。

街頭演説

r_20050328_1.jpg

3月28日(月)、小雨の降る中、杉並区議会議員の門脇文良さんの遊説活動の応援に行きました。門脇議員は、平日の毎朝7時から8時40分まで杉並区内の駅周辺で、政策についての街頭演説を続けております(写真は東京メトロ南阿佐ヶ谷駅)。 門脇議員は、今夏の東京都議会議員選挙公認予定候補者です。

UIZユニチカ労組OB会

r_20050327_1.jpg

3月27日(日)、ユニチカ労働組合京都地区「平成17年度OB友の会総会」懇親会に出席してまいりました。約80名のOBの方ひとり一人に声をかけさせていただき、多くの激励をいただきました。中には今の年金や医療などの問題を訴えかけて来られる方もおり、「皆さんの声を国会でぶつけていきます。」とあらためて誓いました。

厚生労働委員会での質問

3月17日、厚生労働委員会において、国会承認案件となっている「公共職業安定所の設置に関する承認」について質問に立ちました。(議事録はコチラから)
 なお、厚生労働省は、今回の質疑の中での柳澤議員の指摘を受けて、3月29日には「ハローワークの勤務体制について」、方針を策定し全国のハローワークに通知をしました。


今回の案件は...。

r_20050317_1.jpg

ハローワークについては、行政改革の一環としての整理統合とともに地域の実情に伴って設置の適正化を進めています。
その結果、平成12年度には615ヵ所(うち出張所109所、分室28室)だったのが、平成16年度末で608ヵ所(うち出張所107所、分室25室)となっています。なお職員については、平成12年度に1万2,766人から平成16年度には1万2,235人と531名減となっています。
今回の案件は、草加市にあるハローワークが労働人口等の急増により、「利用者サービス」に著しく支障をきたしている現状から、越谷市に新たに新設するというもの。

求職者ニーズに応える改革を

r_20050317_2.jpg

質問に立った柳澤議員は草加市のハローワークで独自に調査を行い、それをもとに、厚生労働省の説明の矛盾点などを厳しく追及しました。
厚生労働省からの事前説明では、「求職者が詰め掛けてパンク状態」とのこと。しかし、全国のハローワークの中には急増する求職者の対応として、19時までの時間延長や土曜日開庁などの対応を行っている所があります。しかし、ハローワーク草加は特段時間延長などの措置は行っていないとの説明、さらに、ハローワーク草加の窓口業務の相談時間が朝9時から11時と、13時から16時となっている点など、求職者が溢れかえっている状況で、窓口対応の時間をもう少し伸ばせないのかと厚生労働省としての考え方を質しました。


曖昧な答弁には徹底して追及を

r_20050317_4.jpg

これに対し職業安定局長は「ニーズに応じた対応を...、今後も考えてまいりたい」などの曖昧な答弁を繰りかえすばかり。はっきりしない態度に追及の手を緩めず尾辻厚生労働大臣に厚生労働省としての見解を求めました。その結果「ハローワークで働く職員の勤務体制について3月31日までに新たな方針を策定する」との答弁を引き出すことができました。(3月29日に通知を発表)
また、民営化に向けた「市場化テスト」の取り組みについても、若者就職支援のための「JOBカフェOSAKA」(2月17日、少子高齢社会調査会の視察で訪問)などの民間委託の事例を紹介しながら、ハローワークのさらなる改革を求めました。

r_20050317_3.jpg

基金労組福岡支部訪問

r_20050314_4.jpg

3月14日(月)、社会保険診療報酬支払基金労働組合福岡支部を訪問しました。
お昼休みの貴重な時間をいただき、支部の組合員の方々から熱烈な歓迎を受けました。

UIZ福岡加盟組合訪問

r_20050314_1.jpgr_20050314_2.jpgr_20050314_3.jpg

3月14日(月)の午後、米澤 隆副代表とともにUIゼンセン同盟加盟組合のダイエー、イオン九州、マイカル九州などの事務所を訪ね、民主党への支持拡大のお願いを行いました。

平田まさのり事務所訪問

r_20050313_1.jpg

3月13日(日)、衆議院統一補欠選挙(4月24日投開票)にあたって、福岡2区から出馬予定の「平田まさのり」さんの事務所へ激励訪問に行きました。「政権交代の実現に向け、ともに頑張りましょう」と固く握手を交わしました。(写真、一番左が「平田まさのり」さん)

連合組織内議員懇談会

r_20050308_3.jpg

3月8日(火)、連合組織内議員第13回年次総会に出席いたしました。2004年度活動報告ならびに2005年度活動方針が、満場一致で承認され、連合組織としての活動を確認しました。(連合組織内議員数は、衆議院45名、参議院31名で全体で76名で構成されています)。

高退連の要請行動

r_20050308_2.jpg

3月8日(火)、日本高齢・退職者団体連合から、社会保障制度の充実を求める要請書を受け取りました。写真はUIゼンセン同盟のOBの方々です。高齢者の生活実態を聞き、当面する課題に対して一生懸命取り組んでいくことを約束いたしました。

ハイタクフォーラムの請願行動

r_20050308_1.jpg

3月8日(火)、参議院の議員面会所前で、交通労連をはじめとするハイヤー・タクシーのドライバーの方々で組織する「ハイタクフォーラム」の請願を受けました。 タクシー業界の安全と信頼の回復、規制緩和の抜本的見直しに向けた請願書とともに、約800名の方々の要請を受けました。

人材派遣シンポジュームに出席

r_20050304_1.jpg

3月4日(金)、UIゼンセン同盟主催、人材派遣シンポジウムに来賓として出席しました。所管官庁代表として厚生労働省からは衛藤副大臣、また民主党からは、川端幹事長、米澤副代表、城島衆議院議員らがとともに出席しました。
現状の派遣産業の実態、課題を企業の代表の方からも声を聞き、労使一体となった取り組みが必要であることを話し合いました。

UIZ政策懇話会総会

r_20050303_2.jpg

3月3日(木)、UIゼンセン同盟本部にて行われた「UIゼンセン同盟政策懇話会第3回総会」に出席。政策懇話会は産業別労働組合であるUIゼンセン同盟の政策実現のための民主党議員(一部は無所属)との定期協議の場で、代表は米澤隆衆議院議員で、現在、衆参あわせて87名が登録しています。

民主党介護保険ワーキングチーム

r_20050303_1.jpg

3月3日(木)、民主党の介護保険ワーキングチームが日本介護クラフトユニオン(NCCU)などを招いてヒアリングを行いました。今回の介護保険の改正にあたり、ヘルパーなど介護の現場で働く労働者への影響などについて意見表明がなされたあと、質疑が行われました。(写真は、会議の前にNCCUの陶山事務局長らと打ち合わせをする柳澤議員)

UIZ兵庫ヤングリーブス国会見学

r_20050301_1.jpg

3月1日(火)、UIゼンセン同盟兵庫県支部ヤングリーブスの7名の方々が、国会見学に来られました。事務所で柳澤議員から現状の活動状況や初質問の時のビデオを見て、委員会の説明などを受けました。日帰りでのハードスケジュール、お疲れさまでした。

カテゴリー別記事一覧
バックナンバー