原子力災害現地対策本部長として奔走中!

 昨年7月の参議院選挙で二期目の再選を果たさせていただき、経済産業委員長に就任し「経済と産業の再生なくして日本の将来はない!」という想いで、特に中小企業対策に取り組みました。昨年の秋から景気が徐々に回復する中で中小企業の倒産件数も確実に減少し、初当選以来取り組んできた自殺者も1月(-253人)、2月(-299人)、 3月(-499人)と着実に減少してきました。「今年こそ景気の回復と自殺者3万人を下回ることができる!」と張り切っていた時に、あの3月11日の東日本大震災です。

 

 原発問題は経済産業省の所管ですから対応に追われ、また自殺者も4月、5月、6月の3カ月で935人も増えるなど大変な状況が続きました。しかし、経済産業委員長として「ねじれ国会」の中で「再生可能エネルギー法案」を始め、多くの重要法案を成立させることができました。そして野田新政権が誕生し、9月5日に官邸で経済産業大臣政務官という大役を仰せつかると同時に、原子力災害現地対策本部の本部長も兼務することになりました。9月8日に野田総理と現地入りしてから、アッという間に1カ月半が過ぎてしまいました。

 

 発災から半年、多くの皆さまの献身的な努力により現地ではようやく落ち着きを取り戻して来ました。8月末で2万世帯、3万3千人を超える一時立ち入りが終わり、9月 9日には4千台を超えるマイカーの持ち出しも完了しました。そして9月19日からマイカーによる一時立ち入りをスタートさせ、冬物衣料やストーブなどを持ち出すことができ、住民の皆さまからは大変に喜んで頂きました。寒くなる11月末までに一巡するために、一日800台のマイカー立ち入りを目標に全力で推進しています。

 

 福島第一原発も2号機が100度を切り、1から3号機まで90度に近づいており、年内には「冷温停止状態」を実現できる見通しが立ちました。敷地内のガレキの撤去そして大型の掃除機による清掃、また1号機にカバーをかけるなど着実にステップ?の完了に向かっています。それを受けて「緊急避難準備区域」の帰還解除を9月30日に決定しました。いよいよ除染作業のスタートです。モデル事業を始め除染作業が点から線そして面に広がり、一人でも多くの方が一日も早く我が家に帰れることが最大の目標です。

 

 課題は多く長く厳しい道のりですが、野田総理の言われる「福島の復興なくして、日本の再生はない!」という目標に向かって全力で頑張る覚悟です。チェルノブイリ、スリーマイルそしてフクシマという原発事故の風評被害が国内どころか世界に広がっています。それを「フクシマはすごい!さすが日本!」といわれるように、フクシマをプラスのブランドとして世界に発信することが元気な日本の再生につながると確信しています。