2006年11月

緊急告知!

皆さんに緊急のお知らせがあります。実は、12月4日(月)に開催される参議院決算委員会で急遽質問に立つことになりました。内容は、平成17年度決算に対する総括質疑で、安倍総理以下、全閣僚が出席し、朝9時からおよそ7時間行われ、NHKでテレビ中継もされます。民主党の質問時間は150分で、質問には3人立つことになり、その一人に私が選ばれました。
 総理大臣に直接質問することも、テレビに映ることも初めての経験です。正直に言えば、かなり緊張しています。しかし、失敗を恐れず、勇気を持ってチャレンジしたいと思っています。「ムダにしません。汗と税!」皆さんの声を安倍総理に直接伝える最大のチャンスだと考えて、全力で頑張ります。お時間の許す方は、ぜひテレビを見て下さい。応援、よろしくお願いします。

国会空転。衆参ともに、すべての審議がストップ。

 衆議院での教育基本法特別委員会そして本会議での与党の強行採決を受けて、参議院でもすべての委員会審議が11月15日(水)からストップしてしまいました。「いじめ問題」や「未履修問題」さらには「タウンミーティングでのやらせ質問」など審議が尽くされるままに、与党は強引な採決を決めました。民主党はギリギリの選択で、採決への欠席を決めましたこと、ご理解をいただきたいと思います。
 今回、国会対策委員会の副委員長に就任し、ほぼ毎日、朝から国会対策役員会が開催され、中断中は大変に忙しい日々が続きました。ようやく11月21日(火)から再開されました。この間の11月16日(木)の厚生労働委員会では、「介護と障害福祉について」の質問を1時間行う予定でしたが、急遽中止になりました。再度12月5日(火)に質疑が行われることになりましたが、質問を練りに練って準備をし、気持ちを高めてきたのが中止になるのは辛いものがあります。気持ちを切り替え、介護労働者と障害者雇用問題に絞り込んで質問に立ちたいと思っています。

12月4日(月)、TV入りの「参議院決算委員会」で質問に。

 そんな中、11月21日(火)に平成17年度決算が内閣に報告されました。参議院は決算を重視しており、決算報告も参議院が先に行われます(衆議院での審議は「決算行政監視委員会」で行われます)。そして、11月24日(金)に参議院本会議で決算報告がされ、その後に参議院決算委員会で報告されました。それを受けて、12月4日(月)の参議院決算委員会で安倍総理以下、全閣僚出席のもとで、朝9時からおよそ7時間、NHKテレビで放映されることになりました。
 テレビ中継される委員会での質問者は、来年7月の参議院選挙に立候補する議員を優先して、ベテラン議員を中心に役員会で決定されます。そして、京都選出の松井孝治議員と大阪選出の山本孝史議員が質問に立つことになりました。そして民主党の質問時間は150分あり、もう一人質問に立つことができるということで、決算委員会理事の私が質問に立つことになりました。

12月4日(月)午後2時半から3時半ごろ、NHKを見て下さい。

 総理大臣に直接質問することも、それがテレビに映ることも初めての経験です。先週から緊張が続いて胃が痛くなりそうです。しかし、失敗を恐れず、勇気を持ってチャレンジしよう。私の公約である「ムダにしません。汗と税!」、税金や社会保険料のムダ遣いについて指摘するとともに、政府の責任をしっかりと追及するチャンスだと考えて質問に立つことを引き受けました。
 質問の準備は大変です。決算報告書だけでなく、会計検査院の検査報告書も膨大な量になります。また、質問したいことはたくさんありますが、質問時間は答弁を入れて40分間しかありません。家計をやりくりしている主婦の皆さんの視点と、民間企業のモノサシで、基本的なことを率直に安倍総理に聞いてみたいと考えています。今の予定で行けば質問の時間帯は、午後2時40分から3時20分になりそうです。頑張りますので、お時間の許す方は、ぜひNHKテレビを見て、応援して下さい。