2005年4月

3月下旬から4月上旬にかけて法案が目白押し

今年の通常国会は、1月21日から開会したものの、衆議院の予算委員会で「政治とカネ」の問題で混乱が生じ、参議院の法案審議は3月に入ると一気に行われることになりました。私の所属する厚生労働委員会は、内閣提出の法案だけでも14本を抱え、予算施行のためにはその内の4本を3月31日までの年度内に通さなければなりませんでした。
 私は、3月17日に「ハローワーク」の案件で2回目の質問に立ち、その際、厚生労働省は開庁時間の延長と土曜開庁などハローワークの職員の勤務体制について、新しい方針の策定をすることを約束しました。その後、3月30日には「介護保険法の改正案」で質問、4月6日には「独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構法案」で、民主党・新緑風会を代表して参議院本会議で質問に立つチャンスが訪れました。本当にこの期間、充実した多忙な日々を送ることとなりました。

続きを読む