不眠症は定期的な運動で改善する事も可能です。オススメの運動や改善されない場合の対処法などをご紹介します。

TOP
  1. TOP
  2. 不眠症の改善法
  3. 不眠症を運動で改善

不眠症を運動で改善

不眠症を運動で改善

「きちんと眠っているつもりだけど、なんとなく疲れがとれていない気がする」そのような「熟睡障害」の方が増えているとされています。不眠症の改善法は色々あるとされていますが、そのひとつが適度な運動です。ただし、運動なら何をしてもいいわけではありません。不眠症や睡眠障害効果があるとされている運動、運動で改善されない場合の対処法などを解説します。

不眠症に効果的な運動

不眠症のために効果があると言われている運動をご紹介します。特に負担の少ない有酸素運動は効果が高いと言われています。大切な事は、ご自分に合っていて、継続できる事です。色々試してみて、何があっているかを模索してみるのもオススメです。

ウォーキング

有酸素運動して最も代表的な運動はウォーキングです。体力のない方でも簡単に、お金をかけずに始める事ができます。ウォーキングというと、朝というイメージが多い方も多いかもしれません。しかしながら、不眠症の方に早起きしてウォーキングをしろというのは難題すぎるでしょう。実は、不眠症のためにウォーキングをする場合は、朝よりも夜の方が効果的なのです。ウォーキングは行う時間帯によっても効果が異なります。朝のウォーキングはダイエットなどに特に効果的と言われていますが、夜にウォーキングをすると、それ以外にも様々な効果があると考えられています。

夜は副交感神経が優位になる時間帯です。激しくない運動でしたら、自律神経を調整してストレすなどを抑制する効果があります。イライラを解消する効果もあるため、ウォーキングする事によってその日にあった嫌な事を忘れる事も可能です。イライラした時もストレスを解消する事が可能です。

また、それ以外にも、夜の運動は末梢の血管を開いてくれると言われています。その結果、血流がよくなって疲れがとれやすくなります。末梢血管の血流がよくなると睡眠の質の向上も期待ができます。ストレスが原因で不眠症になっている方には、夜のウォーキングは特にオススメです。

時間や距離などが気になる方がいらっしゃるかもしれませんが、心拍数が上がってきてやや疲れてくるまでを目安にしましょう。少し息があがってくる程度までが理想です。スピードはゆっくりで構いませんが、姿勢を正し、地面を踏みしめるようにしっかりと歩く事を意識しましょう。

ただし、夜ですので女性の場合は特に危険な可能性もあります。できるだけ明るい道、人通りの多い道を歩くようにしましょう。また、明るい色の服をきたり、反射鏡をつけるなど工夫するようにしましょう。難しい場合は、ジムに入会したり、室内で利用できるランニングマシンなどを購入するのを検討するのもいいかもしれません。

ジョギング

ジョギング

体力に自信のある方や運動する事が苦ではない方は、ジョギングもオススメです。ただし、ジョギングもウォーキング同様に激しい運動でなくて構いません。軽く息があがる程度にしましょう。できるだけ毎日行う事が理想ですが、最初は無理のない範囲で行いましょう。

サイクリング

サイクリングも有酸素運動として人気になっています。人によってはウォーキングよりも気軽に始められる運動と言えるかもしれません。また、ウォーキングやジョギングよりも移動できる距離が長いため、景色も変わり、気分転換にもなります。体への負担も少なく、運動が苦手な方には最もオススメです。サイクリングの場合も、あまりスピードはあげず、呼吸があがりすぎないように気をつけて下さい。

また、夜に行う場合は、ウォーキングやジョギング以上に安全面に注意が必要です。自転車には必ず反射鏡をつけ、交通事故にはくれぐれも注意しましょう。ご自宅でできるように、ランニングマシンなどを購入するのもオススメです。

水泳

水泳は全身運動になりますので、有酸素運動としてオススメです。泳がずに水の中を泳ぐだけでも効果があります。水泳の場合も、やはり激しすぎると逆効果になってしまいますので、疲れすぎない程度にしましょう。

水泳の場合はジムなどに入会しなければ利用が難しいかもしれませんが、市営プールなど安く利用できる場合もありますので、お住まいの自治体の情報を調べてみましょう。

水泳で注意すべき点は体の冷えです。特に眠る前に行う場合は、体が冷えてしまって眠れなくなってしまう可能性がありますので、できるだけ眠る前にお風呂に入るなどして体をあたためるようにしましょう。

ヨガ・ピラティス

ヨガ・ピラティス

ヨガやピラティスも女性を中心に根強い人気になっています。ヨガにはさまざまな姿勢がありますが、リラックス効果があるものが多いため、眠る前に行えばリラックスして眠りにつく事ができるでしょう。

ピラティスは体幹を鍛える効果がありますが、もともとはリハビリとして始まったものですので、体力に自信がない方でも気軽に始める事ができます。

ヨガやピラティスに関する本やDVDなどは多数販売されていますが、自己流では逆効果になってしまう場合もあります。初めは専門の方に教えてもらった方が確実で、上達も早いと言えます。

ラジオ体操

ラジオ体操と言えば、ほとんどの方が子供の頃に行った事があるでしょう。ラジオ体操は実は意外に侮れない優秀な運動です。道具など必要なく、室内でも3分程度でできてしまいます。全身運動であるため、普段あまり使わない筋肉を刺激する事もでき、血行改善にもなります。正しく行えば、非常に効果的な運動と言えます。

体への負担も少ないため、いくつになっても行う事ができ、運動が苦手な方でも音楽に合わせて体を動かすため、しっかりと覚えてしまえば簡単に行う事ができます。ストレッチなどはやり方やコツを覚えるのが難しかったりしますが、ラジオ体操でしたらそのような事もほとんどないでしょう。毎日軽度な運動を習慣づけたい方にはラジオ体操はオススメです。

トランポリン

子供の頃にトランポリンで遊ぶ事が多かった方は多いと思います。実は、トランポリンはかなりの運動量になります。5分トランポリンで跳ねるだけで、ジョギング1kmの運動量に匹敵すると言われています。

トランポリン運動は、全身の血液とリンパの流れをよくする効果があり、不眠症解消にも最適です。また、副交感神経を優位にするとも言われています。関節への負担も少なく、何も考えずに飛び跳ねるだけですので簡単な運動を始めたい方にはオススメです。

トランポリンはインターネットで様々なタイプのものを購入する事ができます。ただし、かなり場所をとりますので、サイズをしっかりとはかっておく事が大切です。また、音が気になる場合もあります。特に集合住宅で2階以上にお住まいの場合は、その辺も問題がないか、しっかりと確認するようにしましょう。

運動しても眠れない理由

運動しても眠れない理由

「適度に運動しているのに眠れない」そのような方もいらっしゃるかもしれません。運動しても眠れないとされている主な原因は下記になります。眠れない方は、当てはまるものがないか確認してみましょう。

眠る直前の運動

眠るためには、副交感神経を優位の状態にする事が大切です。ところが、運動をしてしまうと交感神経が優位になってしまいます。そのため、眠る直前に運動をしてしまうと交感神経が優位になってしまい、眠れなくなってしまいます。夜に運動をする場合は就寝の3時間前までに終わらせるようにしましょう。

無酸素運動

特に夜に運動を行う場合は、運動の強度にも気をつけなくてはいけません。息切れがしてしまうほどの激しい運動は逆に目が冴えてしまう危険があります。無酸素運動とは、短時間で激しい強度が要求される運動です。筋トレや短距離走などはその代表格と言えるでしょう。

最初は張り切って激しい運動をしようと頑張る方がいらっしゃるかもしれませんが、激しい運動では無酸素運動になってしまいます。体に負担がかかりすぎないよう、適度な運動量に抑えるようにしましょう。

不眠症・ストレスの症状が重い

不眠症やストレスが重い場合、運動をしただけでは効果が得られない場合もあります。定期的に適度な運動をする事は不眠症以外にも健康面には様々なメリットがありますし、症状が軽度の場合でしたら運動をするだけでも改善が期待できますが、すべての方に確実に効果があるというわけではありません。

また、すぐに効果が得られるわけではなく、運動を始めてから不眠症が改善されるまでは4カ月から半年、場合によってはそれ以上かかるとされています。不眠症が半年も改善されない状態というのは非常に辛いものです。運動で改善されない場合は、他の改善方法を検討する必要があります。

運動でも眠れなければ睡眠薬などがオススメ

運動でも眠れなければ睡眠薬などがオススメ

不眠症で病院に行くと、ほとんどの場合は投薬治療からはじめます。睡眠薬(睡眠導入剤)というと危険なものというイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、最近の睡眠薬は安全性が非常に高く、正しく服用すれば依存などになってしまうことはほとんどありません。また副作用も少ないため、安心して利用する事ができます。

睡眠薬にも様々な種類がありますが、最近の睡眠薬はルネスタソナタなど即効性があるものが多く、服用してから20分程度で眠りにつく事ができ、ほとんどの方は朝まで熟睡する事ができます。不眠症には様々な種類がありますが、特に、なかなか寝付けないなどの入眠障害のある方に特にオススメです。

睡眠薬は、医療医薬品ですので本来は病院での処方が必要なお薬です。ですが、不眠症を抱えている方は、病院に行くのが困難である方も多いかもしれません。そのような場合は、通販で睡眠薬を購入するのがオススメです。個人輸入代行業者というものを利用して購入する事になりますが、購入手順はアマゾンなど一般的な通販と同じような方法で購入する事ができます。

病院に行かずにいつでも購入できるため、大変便利な方法です。お忙しくて病院に行く時間がない方などに大変人気になっています。ただし、通販を利用する場合はいくつか注意点があります。まず、海外から発送されるため、届くまでに10日ほど時間がかかります。一般的な国内の通販のようにすぐに届くわけではありませんので、その点は注意しましょう。また、医薬品を通販で購入した場合、服用に関してはすべて自己責任となります。病気や服用しているお薬などがある方は服用できない事もありますので、服用前に確認をするようにしましょう。なお、中には偽物の薬を販売している悪質な業者もあります。信頼できるサイトを選ぶようにしましょう。

不眠症は運動や睡眠薬で早めに改善しましょう(まとめ)

不眠症は放置していると日常に支障をきたしてしまうだけでなく、ガン、糖尿病など様々な病気にかかるリスクがあがってしまいます。たかが寝不足と甘く考えず、早めに対処する事が必要です。

定期的に適度な有酸素運動をする事で改善する事も可能です。健康な生活は、不眠症だけでなくあらゆる面で健康にプラスになります。ただし、運動だけで不眠症を改善するには時間もかかり、すべての方に確実に効果があるとは言い切れません。

すぐに不眠症を改善したい方にオススメなのが睡眠薬です。即効性があるため簡単に寝つく事ができ、ほとんどの方は朝まで熟睡できます。最近の睡眠薬は安全性が非常に高いため、副作用や依存の心配はほとんどありません。簡単に早く不眠症を改善したい方は睡眠薬を利用しましょう。寝不足が解消されれば、日中でもしっかりと実力を発揮できるようになり、対人関係にもいい影響を及ぼす事が期待できます。悪化してしまう前に早めに改善するようにしましょう。