セディールは新しいタイプの抗不安薬です。不安を抑えリラックスさせてくれる効果があります。通販で簡単に購入できます。

TOP
  1. TOP
  2. セディールの通販

セディールとは

セディール

セディールは、不安、緊張などの気持ちをやわらげてくれる新しいタイプの抗不安薬です。催眠作用もあるため、悩みがあって眠れない方には睡眠薬(睡眠導入剤)としても利用されています。また、抗うつ作用もある事から、初期のうつ病やうつ状態の方に処方される事もあります。特徴的なのは、安全性が非常に高い事で、依存、耐性などが形成される心配はほとんどありません。

購入するには病院の処方が必要な処方箋薬ですが、通販を利用すれば、病院に行かずに簡単に購入する事ができます。セディールの効果、副作用、飲み方、気になる依存や離脱症状などについてもご説明します。

セディールを通販(個人輸入代行業者)で購入

セディールは、医療医薬品に分類されます。そのため、医師の処方がなければ購入できないお薬です。ですが、現在は「個人輸入代行業者」を利用すれば、病院に行かずにいつでも通販で簡単に購入する事ができるのです。

忙しい現代人にとって、病院するのは時間的にも精神的にも大変な負担になってしまいます。また、処方される量には制限がありますので、「半年分下さい」と言っても処方してもらえません。ある程度定期的に通院しなくてはなりませんが、病院に行けずにお薬がなくなってしまった事で、症状がまた元通りになってしまう可能性があります。インターネットさえあれば24時間365日、いつでもどこでも簡単に購入出来る通販でしたらそのような心配はありません。お忙しい方は通販で購入し、早めに症状を改善しましょう。

本来、お薬を通販で購入する事は違法になってしまいます。ですが海外から個人輸入するという形でしたら合法です。ところが、個人輸入とは手続きや言葉の問題などもあり、一般の方が行うのはほぼ不可能です。そこで、その手続きを代行してくれる「個人輸入代行業者」というものを利用します。1度に購入できる錠数などには限りがありますが、個人輸入代行業者を利用してお薬を購入するのは合法になります。

日本人用のサイトですので英語などができなくても問題はありません。購入方法も簡単で、ほしいお薬を選び、ご住所などを入力して決済するだけです。あとはご自宅まで届くのを待つだけです。いつでも購入する事ができますので、大変便利なシステムです。

注意点は、海外からの発送で税関を通るため、到着するまでに1週間から10日ほど日数がかかる事です。できるだけ前もって注文するようにしましょう。また、中には偽物の薬を販売している悪質な業者もあります。偽物の薬を服用してしまった事で健康被害が生じてしまった事件もありますので、安いだけで選ばずに、信頼できるサイトから購入するように十分注意しましょう。

セディールの効果・効能

セディールの効果・効能

セディールは抗不安薬ですが、それ以外にも、抗うつ作用、催眠作用があるとされています。ですので不安がある方、悩みがあって眠れない不眠症や睡眠障害の方におすすめのお薬です。様々な精神疾患への効果が期待でき、なおかつ安全性が非常に高い抗不安薬として大変人気になっています。

セディールの主成分はタンドスピロンです。他の抗不安薬などに比べて特徴的なのは、「セロトニン受容体(5-HT1A)のみに作用する」という点です。他の部位には作用しないため、副作用や依存、耐性の危険が少ないのです。さらに、抗うつ作用もあるため、軽度のうつ病の方にも効果があります。うつ病と不安障害を併発している方にも有効なお薬です。

脳内のセロトニン受容体に作用し、不安、ストレス、抑うつ、焦り、緊張、恐怖などの症状をやわらげ、リラックスさせてくれます。ストレスが原因で自律神経失調症になっている方にも効果があると言われています。ですので不安があって眠れないという方は、服用すると落ち着いた気持ちで眠れるようになり、睡眠の質が改善されます。悩みがあると、それが気になって眠ったつもりでもよく眠れなかったという事がありますが、セディールはそのような症状も改善し、熟睡できるような体質になる事が期待できます。

セディールはベンゾジアゼピン系抗不安薬ではなく、「セロトニン1A部分作動薬」というお薬です。抗不安薬としては効果はおだやかで即効性もないと言われています。飲み始めてすぐに効くというわけではなく、1週間から1ヵ月かけて徐々に効果を実感できたり、体質が改善されていきます。そのため、比較的軽度の症状の方で、安全にお薬で根本的に体質から治療したい方におすすめです。

参考サイト:セディールについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

セディールの飲み方(服用方法)

セディールは1日3回にわけて水やぬるま湯で服用します。最初は1日30mgまでの服用がすすめられています。効果がない場合、60mgまでを限度に服用が認められています。ただし、前述した通り、他の抗不安薬や睡眠薬のように即効性はありません。2、3日飲んで「効かないから量を増やそう」とはせず、もう少し様子を見るようにしましょう。時間をかけてゆっくりと効果があらわれてくるタイプのお薬ですので、焦らずに服用を続ける事が大切です。

飲み忘れてしまった場合は気付いた時点で服用して下さい。ただし、次に服用するまでの時間が短い場合は服用するのはやめましょう。最低でも4時間以上空けることが推奨されています。1度に2回分を飲むことはしないように注意しましょう。

セディールの半減期(作用時間)

セディールの半減期(作用時間)

セディールの半減期はおよそ1.2~1.4時間とされています。服用すると血中濃度は1.4時間経つと半分になるとされています。その後ゆっくりと効果が減っていき、10時間ほどで体内からほとんど抜けていくとされています。

半減期だけを見れば即効性があるように思えますが、セディールは服用を続ける事で効果が期待できるお薬です。ですので2~4週間ほどで徐々に効果があらわれ始めます。作用時間は比較的長いのですが、1日3回にわけて服用する事でしっかりとした効果が得られるようになります。気長に服用を続ける事が大切です。

セディールの値段(価格・薬価)

セディールは、抗不安薬の中でも新しいお薬です。ですので価格が高いのがネックになります。通販で購入する場合、10mgですと1錠あたり139円程度になります。セディールは現在のところ、42錠入りのみが販売されています。通販サイトによっては、購入するとポイントが加算され、次回以降割引きになる場合があります。

セディールの副作用

セディールは抗不安薬の中でも最も安全性の高いお薬です。そのため、重篤な副作用はほとんどありません。主な副作用は下記の通りです。

副作用の中で特に注意すべきは眠気です。車の運転、危険物の取り扱い、高所での作業などは十分に注意しましょう。

服用を始めてから最初のうちは副作用が起こる場合がありますが、服用を続けていると薬に慣れて副作用はおさまるケースがほとんどです。軽度の副作用が続くようでしたらしばらく様子を見てみましょう。副作用があまりにも重かったり、長引く場合は医師に相談するようにして下さい。万が一けいれん、硬直、発汗、発熱などの副作用が起きた場合は、すぐに医師に相談して下さい。

参考サイト:セディールについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

セディールを服用できない方

セディールを服用できない方

セディールは、配合されている成分にアレルギーのある方は服用できません。それ以外に、下記の方は注意が必要になります。服用前に医師に相談するようにして下さい。

それ以外に病気などで心配な点がある方は、服用前に医師に相談しましょう。

セディールが向いている方

セディールは、抗不安薬の中でも特徴のあるお薬です。そのため、合う合わないがはっきりしています。セディールが向いている方は、下記のような方です。

セディールは「効果や即効性は弱いものの、安全性が非常に高い」というのが特徴です。ですので初めて利用する方や、副作用や依存が心配な方には大変おすすめなお薬です。逆に、症状が重い方ですと効果が得られない場合があります。

また、セディールは抗うつ剤と作用機序が異なりますので、抗うつ剤でが効果が不十分な場合に併用する場合もあります。併用には注意が必要になりますので、医師に相談するようにしましょう。

なお、より強い抗うつ剤、睡眠薬、抗不安薬などを減薬、断薬する際にセディールを用いる事もあります。精神系のお薬は服用を急にやめると離脱症状などが起こる場合があるため、少しずつ量を減らしていくやめ方が理想です。セディールはおだやかな効果ですので、量を減らしていく段階のお薬として非常に役立ちます。セディールをやめる事ができれば、断薬成功と言えるでしょう。

セディールとアルコール(お酒)

セディールとアルコール(お酒)

セディールは、お酒と相互作用がなく、併用しても問題がない抗不安薬という説もあります。ですが、副作用が起こりやすくなり、依存にもつながる危険があるため、お酒と飲むのはできるだけ控えて下さい。セディールを服用している期間は、お酒はできるだけ避けるのが賢明です。

不安や心配ごと、ストレスなどが強く、お酒をやめられないという方もいらっしゃるかもしれません。お酒の飲み過ぎはアルコール依存症になってしまう危険があります。

もしも毎日のお酒や寝酒がやめられない、という方がいらしたら、早めにお酒の習慣をやめるようにしましょう。ご自分の意志だけでやめるのが難しい場合、レグテクトなどの断酒補助薬を利用して、早めにやめるようにしましょう。レグテクトはお酒を飲みたいという意志を抑えてくれ、無理なく禁酒する事ができます。

睡眠薬や抗不安薬よりも、お酒の方が依存になりやすいと言われています。やめられなくなってしまっている方は、本格的なアルコール依存症になってしまう前に早めにやめるようにしましょう。

参考サイト:レグテクトについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

管理人の体験談・レビュー

管理人は、仕事が忙しすぎてストレスフルだった時にセディールを利用していました。疲れているせいでよけい眠れない日々だったので、催眠作用もあるセディールは本当に役に立ちました。

疲れているのに眠れないというと矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、神経が高ぶりすぎてしまってうまく眠れなかったのだと思います。当時は仕事のプレッシャーもあり、常に仕事の事ばかりを考える毎日でした。

そこで通販でセディールを購入する事にしました。決め手になったのは、自律神経失調症にもある程度の効果が期待できそうだったからです。めちゃくちゃな生活を送っていたせいで、自律神経も乱れているであろう事は容易に想像できました。

セディールは即効性はありませんが、その分副作用もほとんどなく、安全に利用する事ができます。少しずつ不安がやわらいできて、イライラする事もなくなってきました。自律神経にどれほど影響があったのかはわかりませんが、夜になると以前よりもリラックスできるようになり、自然に眠れるようになってきました。

副作用は最初のうちはふらつきなどがありましたが、徐々になくなっていきました。管理人の場合は1日3錠服用していました。いつやめようかと思っていましたが、2泊の出張の際に、セディールを持っていくのを忘れてしまいました。当然2日は飲めませんでしたが、それでもその頃には症状もだいぶよくなっていたため、大きな問題はなく、離脱症状などもありませんでした。このようにして、計画していたわけではなかったのですが、無理なく服用をやめる事ができました。

忙しかったり疲れていたりすと、リラックスする事が難しくなってしまいます。うまくストレス発散ができればいいのですが、本当に忙しいとその余裕すらなくなってしまいます。そのような場合には、セディールなどを利用して、リラックスできる状態にしてあげるのがオススメです。

※お薬の効果、副作用などには個人差があります。当サイトでは責任をおいかねますので、ご了承いだたきますようお願い致します。

セディールで安全に不安と不眠症の解消を(まとめ)

セディールはピンポイントで働く事から、安全性が非常に高く、副作用や依存などの危険が少ない抗不安薬です。リラックスできる事で催眠効果もあり、落ち着いた気持ちで眠りにつく事ができます。

不安があって眠れないのは辛いものです。ご自分でストレスを発散するのが難しい場合は、セディールなどの抗不安薬を利用してみましょう。辛い症状を我慢するよりも、お薬を上手に利用して早く日常の生活に戻る方が、限りある人生の時間を有効に使えるのではないかと思います。

セディールは通販を利用すれば病院に行かずに簡単に購入する事ができます。安全性の高いお薬で不安や不眠症を改善したい方は、是非利用してみましょう。